TOKIOの長瀬智也のジャニーズ事務所退所報道で、現在歌手の浜崎あゆみが自伝本『M愛すべき人がいて』の続編として、長瀬との交際秘話をまとめた『T』の出版を考えているのではないかという噂が、一部で飛び交っている。

 ​>>TOKIO長瀬、5年前に脱退の“サイン”を出していた?『鉄腕!DASH!』に出演せずファンもガッカリ<<​​​

 長瀬と浜崎と言えば、人気絶頂期の01年に交際が発覚。当時お似合いのカップルだったということもあり、お互いのファンも祝福するほど歓迎されていた交際だったが、後に破局。しかし、二人がお互いお揃いのタトゥーを入れていたことは公然の秘密となっており、現在浜崎はお揃いのタトゥーに加工をしているものの、それだけ仲が良かった証しと認識されている。

 「実は二人以外にも、お揃いのタトゥーが入っているカップルがいます。それが長瀬と同じジャニーズ事務所の木村拓哉。妻の工藤静香とお揃いの蛇のタトゥーが足首をぐるっと回るように入っており、見えるような場合には基本的にテーピングを巻いていますが、これまでにもうっかり見えてしまったことはあります。工藤の方はインスタグラムでも隠さず堂々と披露しており、『無限』をイメージする蛇をお揃いで入れていることで、ファンからは『永遠の夫婦の絆を誓い合ったのかな』と囁かれています」(芸能ライター)

 また、意外なところでは放送作家の鈴木おさむも、妻でお笑いトリオ・森三中の大島美幸の名前のタトゥーを彫っているという。
 「鈴木は、結婚10年目となった11年に、背中の肩付近に『美幸』の二文字を入れ、クリスマスプレゼント代わりにしていたことを14年にブログを通じて報告していました。意外な人物のタトゥーに当時は賛否集まっていましたが、シンプルに名前だけが入ったタトゥーに好感を抱いた人も少なくなかったようです。一方の大島も、『osamu』とアルファベットで鈴木の名前をタトゥーとして入れているという噂もあり、それほど仲のいい夫婦だと世間からは認識されているようです」(同)

 さらに、タレントのつるの剛士も、一般人の妻とお揃いのタトゥーを入れていると明かしている。
 「子煩悩で知られているつるのですが、妻への愛も深いようで、腕にお揃いの星のデザインのタトゥーを入れているようです。テレビでは基本的に隠しているつるのですが、タトゥーが入った腕を露出している写真がネット上で出回っている状態。星のタトゥーの意味についてはファンの間で、『奥さんといつでも一緒に星を見られるように』と言われています」(同)

 賛否両論集まりがちなタトゥーだが、当人同士は消えないタトゥーを入れることでお互いの絆を信じ合えるようだ。