10月8日深夜放送の『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)で、岡村隆史を騙るツイッターアカウントが出現した話が語られた。

 岡村は、2017年に同番組の生放送中に、陣内智則とFUJIWARAのフジモンこと藤本敏史のアトバイスを受け、ツイッターのアカウントを開設。ただ、「いろんな人がぶわーっとフォローし出して」怖くなってしまい、すぐにアカウントを削除している。

 ​>>「YouTubeだけでご飯食べられるんちゃうん」ナイナイ岡村、KOC優勝のジャルジャルのネタ数に感心<<​​​

 今回出現したアカウントは、早速ナイナイのマネージャーもフォローしてきたが、彼も偽物だとは気づかなかった。岡村はインスタグラムのアカウントはすでに持っているため、ネットを一切やらないというわけではないので、信じてしまったのかもしれない。

 ツイッターのニセアカウントは、矢部も作られたことがあるという。紹介文のところで「(妻の)裕子とはうまくやっております」と書かれており、矢部は「そんなん載せへんし」と呆れ気味。岡村も「そんな、つぶやき家でやるわな」と同調していた。

 さらに矢部は、長男が生まれた時に、お風呂場で子供の頭を洗っている写真を、間違ってLINEのグループラインに載せてしまったことがあるという。これが色んな人の目に止まり、よゐこの濱口優から「かわいいな。ええな」とすぐにコメントが来たという。矢部は、慌てて夫人などに訊いて何とか消した。

 矢部はこの経験から、「ミスでもそれだけドキドキするから、本当に自分が思ったこととか、現実にあったことを載せて、それにボロクソ言われるのはたまらんな。怒りというより悲しいな」と話していた。これには、ネット上で「矢部さんよくわかっていらっしゃる」「芸能人アカウントにはクソリプしか来ないからな」といった声が聞かれた。

 この話を聞く限り、岡村、矢部ともに、ネットで何かしらの情報発信を積極的に行うことはなさそうだ。