プロボクサーの村田諒太の新型コロナウイルスに関するある発言が、話題になっている。

 村田は13日にフェイスブックを更新し、「コロナ祭りいつまでやんのかな」と投稿。アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスに感染し入院したものの、3日で退院したことに触れ、「世界トップレベルで感染することを気にしているであろうトランプさんが感染するなら、我々一般人にどう防げと…そして3日で退院」「既にこの事実で答えが出ている気がするのだが」とつづった。

 >>坂上忍「大人しくしてくんないか」トランプ大統領のコロナ感染“ウソ説”を紹介した『バイキング』が物議 <<

 また、コロナ禍から脱するために現在開発中のワクチンに大きな期待が集まっているが、村田は「ワクチンが出来ればとか言うけど、インフルエンザの予防接種受けた年に15年ぶりにインフルエンザかかった僕としてはワクチンでどうにかなるとも思えないのですが」と自身の経験を踏まえ、過剰な期待を疑問視していた。

 この投稿に対し、村田の元には「その通り!不景気による死者の方が多くなってしまいそう」「もう普通の風邪と同じように扱って大騒ぎしないのがいいですね」「新しい生活様式なんかやめて人間らしい生活がしたいです」といった賛同の声が多く集まってるが、一方では、「後遺症にいまも苦しんでる人もいる」「まだウイルスの全貌が分からない以上、油断できない」といった声や、「コロナ祭り」というワードに対し、「前線で戦ってる医療従事者に失礼」「コロナで亡くなった人は祭りで亡くなったわけじゃない」といった苦言も寄せられていた。

 長引くコロナ禍で多くの人がストレスを抱えているが、新型コロナウイルスに対する考え方にも変化が見られ始めているようだ。

記事内の引用について
村田諒太公式フェイスブックより https://www.facebook.com/ryota.murata.official/