歌手で女優の酒井法子の元夫の高相祐一容疑者が、覚せい剤取締法違反の疑いで警視庁池袋署に逮捕されたことを先日、各メディアが報じた。
 報道をまとめると、22日に東京都豊島区内で警察官の職務質問を受け、尿検査で覚せい剤の陽性反応が出たという。

 高相容疑者は09年8月に同法違反容疑で警視庁に逮捕され、懲役2年執行猶予4年の有罪判決を受け、16年11月にも危険ドラッグを所持したとして、医薬品医療機器法(旧薬事法)違反の疑いで警視庁に逮捕されていたが、まだ懲りていなかったようだ。

 ​>>まだまだのりピーの地上波出演が厳しい理由<<​​​

 酒井と高相容疑者は1998年に結婚。1児をもうけたが、09年に酒井、高相容疑者ともに覚せい剤取締法違反で逮捕され、10年6月に離婚していた。
 「高相容疑者の実家は、都内にある有名なスキー用品ショップ。スキーが大ブームを巻き起こしていた頃に大儲けしたようで、高相容疑者がフラフラ遊んでいてもまったく問題がなかった。結婚後は酒井の稼ぎで家庭が回っていたので、相変わらずフラフラ。離婚後もその生活は変わらないどころか、さらにクスリに溺れてしまったようだ」(テレビ局関係者)

 高相容疑者の逮捕により、またまた蒸し返されてしまったのが酒井の逮捕だが、デビュー以来、清純派で売っていただけに、その逮捕劇は日本中に衝撃を与えた。
 「09年8月、夫が逮捕された後、酒井は約1週間に渡り逃亡。当時の所属事務所社長が会見で出頭を呼び掛けるほどで、連日、民放キー局の情報番組が大々的に報じた。初公判の注目度は高く、傍聴の抽選には20席の傍聴席に対して6615人が並んだが、330倍の倍率は日本の刑事裁判史上最高記録。酒井は懲役1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を受け、とっくに猶予期間は終わったが、あの時のイメージが悪過ぎて、いまだになかなかテレビ番組からはお呼びがかからない」(ベテラン芸能記者)

 元夫の逮捕に、酒井は呆れ返っているに違いない。