EXIT・りんたろー。が、4日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)で、「嘘のツイートをして好感度を上げようとする」本性が発覚した。相方の兼近大樹は、これを「ゼロイチツイート」と命名。なかったことをあるかのようにツイートしているのだという。

 例えば、9月15日のりんたろー。のTwitterでは、「また優しいりんたろーが出てきてしまった この性格なんとかしたいなぁ」というツイートの下に、兼近から届いた「こちらはあと15分くらいかかるみたいです!」というLINEをスクショ。

 さらに、その後のLINEのやり取りはなぜかイラストで隠し、最後に「かねち大丈夫か??車内寒くないか?ロケ車の空気悪くなってきたけど、俺が和ませとくから、安全にゆっくり来いよ」という、優しいメッセージがまたもやスクショして貼られている。これだけ見ると、現場に遅れている兼近を、りんたろー。が怒らず、むしろやさしい気遣いを見せていることが分かる。

 ​>>りんたろー。九州の両親をタワマンに呼び「優しい息子」と称賛 過去にも家族想いエピソード<<​​​

 ところが兼近によると、実際はマネージャーの段取りミスで、どちらも現場に遅刻していたのだという。2人とも各自宅からタクシーに乗車。当然りんたろー。も現場には到着していないにも関わらず、すでに着いた“体裁”でロケ車の空気を和ませるという、やさしい自分を“演出”していたのだ。

 りんたろー。は「また、ありもしないこと言うな!」と笑いながらシラを切っていたが、兼近は「これ1回だけじゃなくて何百回とやってきてるんですよ」と告発。2人で俳優の山田裕貴の誕生日会を開こうと、りんたろー。が高級イタリアンを予約。彼らだけ先に入店していた時、「かねち、1人撮っていい?」と、2ショット写真を求められたという。ところが翌日、りんたろー。のTwitterを見て兼近はビックリ。なんと、「ネタの打ち合わせだと思ってやってきたら、兼近は高級イタリアンを予約してくれて『毎日が記念日でしょ』と言った」という旨のツイートをしていたというのだ。

 これについて、りんたろー。は「1の出来事が起きないと10に出来ないじゃないですか?0だったらなんでも出来る」と開き直り、「僕たちのファンが喜んでくれるんじゃないか」と釈明していた。

 SNS上では「いくらなんでも、りんたろー。さんの嘘ツイートやばい」「りんたろー。さん! 嘘はあかんで!」という声も挙がっていたが、「真実か偽か関係なく楽しんでるからそれでよし」「ゼロイチツイートしてるって分かって、更に好きになりました」「皆わかってて幸せな夢に浸ってるんだと思う」「ゼロイチツイートは夢と愛を与えるサービス精神」など、むしろ好感度が上がるという謎の現象が起きている。食べてもいない食事をTwitterに載せて炎上する安田大サーカス・クロちゃんとは大違いだ。

記事内の引用ツイートについてEXIT・りんたろー。公式Twitterより
https://twitter.com/rinnxofficial