野性爆弾・くっきー!が4日に放送された『バナナサンド』(TBS系)に出演。バナナマン(設楽統・日村勇紀)とサンドウィッチマン(伊達みきお・富澤たけし)らと共にトークを繰り広げた。

 浜崎あゆみが出演するライブのオープニングVTRを手掛けた話や、彼が参加するバンド・ジェニーハイなどの話に。そんな中、お笑い芸人でありながら、バナナ、サンド、野性の3組は方向性が違うという話に。くっきー!は、自分たちのネタはどんどんと設定が飛んでいくが、バナナマンのネタはワンシチュエーションがほとんど。「すごいなと思います。僕らにはできへん」と称賛。一方、サンドについては「超絶優秀な漫才師さん。すごく練習された漫才をされている」と語ると、富澤は「バカにしているじゃないですか!」とツッコミを入れて笑いを誘った。

 ​>>くっきー!の“気の利いた”差し入れに坂上忍が感動「気遣いですな」 後輩先輩への気配りエピソードも多数<<​​​

 「くっきー!は、部活やアルバイトなど、若い頃からすぐにリセットをするタイプで、芸人についても“いつ辞めてもいい”と思っているそうです。ほかの職業に就くというよりは、大金を稼いで辞める。それを彼は『上岡龍太郎さんシステム』と名付けていました」(芸能ライター)

 サンドは漫才師のため年齢を重ねてもできるが、バナナはコント。くっきー!が、バナナの2人に、将来のことについてどう考えているのか問うと、設楽は、コンビ間で変革期があったとし、ある時から、等身大の自分たちの年齢でもできるネタをするようになったと明かした。その後はくっきー!がMCをするクイズコーナーを実施。カオスな展開になり、スタジオは大爆笑となった。

 くっきー!らしからぬ真面目なトークに、ネットでは「くっきーとバナナサンドの真面目な話良かったなぁ…」「くっきーがこういう話するとは思わなかった」「前半真面目にやってんなと思ったら後半の持ち込みクイズ…設定も問題もヤバすぎてサイコウでした」「奇才って、くっきーさんのための言葉だよな〜」といった声があった。