昨年の電気グルーヴ・ピエール瀧、女優の沢尻エリカに続き、今年は俳優の伊勢谷友介被告がいずれも薬物で逮捕された。

 「今月初めには、大物ヒップホップアーティストの逮捕情報が流れたが、結局、逮捕はなかったようだ。伊勢谷被告もそうだったが、散々、芸能人の薬物での逮捕が報じられているにもかかわらず、みんな『自分だけは大丈夫』と思っていて、逮捕されないと自分の罪を思い知ることはない」(全国紙社会部記者)

 >>「芸能人に薬物検査を!」伊勢谷容疑者逮捕を受け梅沢富美男が激怒「お前らいい加減にしろよ」<<

 そんな中、先月末に配信された、配信されたお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之のYouTubeチャンネル「宮迫ですッ!」で配信した動画が話題になったという。

 「その動画では、ゲストとして裏社会に詳しいという男性フリーライターが登場。もちろん『ピー音』で消されたが、その口からは薬物疑惑があるという大物芸能人の名前がポンポン飛び出した。その1人として、超人気若手イケメン俳優の名前を挙げ、さらに『彼の連れで○○というグループのボーカルはガサ入れを2回食らっている。2人は仲良しでよく一緒にいるため、警察の方は某ボーカルを捕まえて、某若手イケメン俳優にいこうかと考えている最中』と明かした」(芸能記者)

 イケメン俳優をX、ボーカルをYとするが、実はこの2人、以前から当局にマークされていたというのだ。

 「実は、その2人と共演した某俳優にも薬物のうわさがあった。Xは育った環境的にやっていても仕方ないといったところ。Yは交際相手の影響でハマったというが、もし、XかYが逮捕されたら、伊勢谷被告どころの騒ぎではなくなる。本人たちにその自覚があるかが一番の問題だろう」(先の社会部記者)

 おそらく、うわさはXとYの所属事務所関係者の耳にも入っているはずで、一刻も早く“クスリ断ち”させた方が良さそうだ。