元欅坂46のメンバーの今泉佑唯との結婚と妊娠を21日に発表したYouTuberのワタナベマホト。しかし、同日夜にワタナベが女子高生にわいせつな画像を要求していたことが判明し、翌22日にはショックで体調を崩した今泉が病院へ足を運んでいたと26日にニュースサイト『文春オンライン』で報じられた。記事によれば、今泉は軽度のパニック状態だったという。

 今泉は現在妊娠5カ月とのこと。妊娠中はただでさえホルモンバランスが乱れやすく、精神的なショックによる精神面・身体面への大きな影響が懸念される。マスコミが押しかけることによるストレス対策も含め、特別な配慮が必要である。

 妊娠中という特別な状況でなくても、強い精神的ショックを受けて診察が必要なほど体調が崩れるというのはよく聞く話だが、実際に体内ではどんな変化が起こっているのだろうか。

 人は、突発的な強い精神的ショックや長期にわたる過度なストレスを受け続けると、そのストレスに対する防衛反応として、自律神経系の交感神経やアドレナリンなど、血圧や心拍数を上げる作用がある内分泌系ホルモンの活動が活発になる。これにより、興奮状態が引き起こされる。一方で、ストレスに立ち向かう、もしくはストレスから逃走するために必要性が低い免疫力や消化機能など身体の抵抗力が低下する。その後、抵抗力は回復するものの、覚せい系と抵抗力とのバランスをとるための調整は難しく、大きな生命エネルギーを必要とする。やがて心身ともに疲れてエネルギー不足を起こすと、「ストレス反応」と呼ばれる様々な心理的・身体的反応が出始める。

 ストレス反応として現れるものには、精神的なものでいえば緊張や不安、恐怖、落ち込み、イライラや怒り、疎外感、感情鈍麻や無気力、集中困難、思考力低下、判断力や決断力の低下などがある。行動面では感情の爆発、攻撃性が強くなる、泣く、引きこもるようになる、孤立する、拒食または過食、チックや吃音、回避行動などが見られる。

 ​>>今泉佑唯の結婚と妊娠、ユーチューバーが暴露していた? 19日にリークされ情報元ツイートも話題に<<​​​

 一方、身体的な反応の代表的なものは、動悸、頭痛、腹痛、発熱、倦怠感、食欲の減退、下痢や嘔吐、のぼせ、めまい、手足のしびれ、睡眠障害、悪寒、過呼吸など幅広い。他にもあらゆる自律神経症状や抵抗力の低下が引き金となり、症状に及ぶ。

 これらのストレス反応は全てが必ず現れるわけではなく、出現の程度にも個人差があり、個人のストレス耐性によって違いが出る。ストレス耐性については、これまでの生育環境や経験、現在の生活環境などの総合的なストレスレベルや、気質や性格、考え方などの要素が複雑に関係している。

 ちなみに、よくドラマでショックなことを聞かされて気を失うといった描写があるが、これは例えば「血管迷走神経反射性失神」といって、強い痛みや精神的ショックによって自律神経のバランスが崩れ血圧が急に低下し、脳への血流が不足して意識を失ってしまうものだ。

 ストレス反応が長期にわたると、適応障害やうつ病、心的外傷後ストレス障害(PTSD)など、様々なメンタル疾患につながる可能性があり、最悪の場合、自らの死を選んでしまうまで悪化する場合もあるため、軽視できない。深刻なメンタル疾患に発展したり、症状が長引くことを防ぐためには、強いストレスによる身体の異変を感じたらすぐにかかりつけの病院や精神科・心療内科などを受診する、カウンセリングを受けるなど、できるだけ早い対応が望ましい。

 ワタナベの愚行によって大きなショックを受けたに違いない今泉。お腹の子のことも含め、多くの人々からその体調が心配されている。

文:心理カウンセラー吉田明日香