まったく勢い衰えることなく精力的に仕事をこなしている女優の橋本環奈だが、午後8時以降の飲食店の営業自粛を要請した緊急事態宣言発令後、都内の高級会員制焼肉店でマネジャーと食事していたことを、一部女性誌で報じられた。

 記事によると、同席していたのは、橋本が最も信頼を寄せる若い美人マネジャー。その焼肉店は午後8時以降もひっそりと店を開けており、常連の橋本はすんなり中に入れたという。

 所属事務所は、外食の事実関係を認めたうえで、「この日は立て込んでいるスケジュールの合間にままならなかった仕事の話をしながらの食事だったので、時間が足りず20時を過ぎてしまったとのことです」とコメントしていた。

 ​>>橋本環奈、「ある写真」で中国での人気がガタ落ち? SNSの写真にも厳しい声<<​​​

 「おそらく、熱愛関係のタレコミがあり、仕事先から張り込んでいたのでは。交際相手と会っていたのではなかったので、ファンや仕事の関係者はひと安心だが、この時期の午後8時過ぎの飲食はややイメージダウンか」(芸能記者)

 デビュー以来、ほとんど浮いたうわさがなかった橋本だが、一部ニュースサイトが今年に入ってから橋本の“男性関係”を報じた。

 それによると、IT関連の事業を手掛ける大手企業・USENの宇野康秀会長と飲み仲間で、2人は東京・西麻布の隠れ家バーによく飲みに行っているのだとか。

 橋本は2019年9月に宇野氏が出資する芸能プロダクションと専属契約を結び、現在は宇野氏が取締役を務める動画配信サービス「U-NEXT」のCMに出演しているというのだ。

 「記事のニュアンスからすると、まるで不倫関係にあるようなイメージ。ここまでネガティブな報道が連発する理由だが、橋本の活躍をねたましく思っている、競合タレントが所属する芸能プロや、その関係者が流しているとしか思えない」(同)

 橋本は嫉妬されるほどの売れっ子になったようだ。