インパルスの板倉俊之が2日、オードリー(若林正恭、春日俊彰)のトーク番組『あちこちオードリー〜春日の店あいてますよ?〜』(テレビ東京系)に出演。相方・堤下敦に対する思いをぶつけた。

 2017年6月に睡眠薬を飲んで車を運転して事故を起こし、同10月には再び車を運転中に男性2人に怪我を負わせる事故を起こした堤下。事件の影響もあり、近年は別々で活動することが多かったインパルスだが、板倉はコントは続けていきたいと告白。しかし若林が「堤下さんと話すわけですよね、もしやるとなったら」とツッコむと、板倉は「彼がどういうテンションか難しいね」と堤下を思いやっていた。

 そんな板倉に若林が「本当にいろいろありましたね」と、堤下が起こした事件を匂わせると、板倉は「俺なんか、特大の十字架背負って生まれてきたんじゃねえか」と一言。しかし「途中から楽しくなってくる」と明かし、「自分に不幸が降りかかるたびに笑っちゃう」と切り替えていた。

 その後、堤下とコントを今後も続けていくか再び若林に聞かれると「あいつ、だって料理の店やりたいとか野球の審判の免許持ってるとかさ」と、堤下の最近の活動が幅広いことを指摘。板倉は「10代の夢の多さだよ」「43歳でキラキラしてんじゃねえよ、いくつかに絞んなきゃいけないだろ、43歳なら」と皮肉った。ただし、「もうしばらくしたら面白くなる気がする」と明かし、コンビでの活動には意欲を見せている。

 ​>>事故で謹慎したインパルス・堤下の現在は ネットでの対応も好感度もアップ中?<<​​​

 板倉の発言を受け、ネット上では「板倉さんほんと面白いね」「悲しい自虐も毒が強すぎると笑えてきちゃう。現世で報われて欲しいよ」「板倉ぶっちゃけすぎで今までで1番好きな回かもしれない」「板倉さん、俺の十字架って本出したほうがいいよ」などの反応が見受けられた。

 また、板倉がコンビでの活動に意欲を見せたことに対しては「またネタ見たいなー」「堤下さんのこと否定しないで待っててくれる板倉さんほんと優しい」「インパルスレベル超えるコント師今いない。復活して欲しい」という声も。期待している人は多いようだ。

 番組の終盤では「3、4個言わなきゃよかったなって事がある」と明かし、自身のTwitterでは放送を受け、「恐れていた部分はきちんと使われていた」とツイートしていた。

 とはいえ、板倉のトークを楽しんだ視聴者は多いようだ。

記事内の引用ツイートについて
板倉俊之の公式Twitterより https://twitter.com/itazuratoshiyuk