TBSの笹川友里アナウンサーが、2月末で同社を退社することがわかった。笹川アナは一般職で入社し、ADから女子アナへ転身した異色の経歴の持ち主。『王様のブランチ』に長らく出演したほか、『人生最高レストラン』ではMCも務めた。私生活では、2012年のロンドンオリンピックでフェンシング銀メダリストの太田雄貴選手と2017年に結婚し、2019年には第1子を出産している。

 このところTBSでは若手女子アナの退社が相次いでいる。19年1月末には、吉田明世アナウンサーが退社しフリーに。同3月末には、高飛車キャラも話題になった宇垣美里アナウンサーが退社し、翌4月からは芸能プロダクションのオスカープロモーション所属に。同じく9月末には林みなほアナウンサーも退社し、宇垣アナに同じく芸能プロダクションのプラチナムプロダクションへ所属した。

 ​>>テレ朝アナ、「26年間彼氏なし」大胆発言で驚きの声 番組スタッフに愛の告白も?<<​​​

 人気女子アナが次々と退社する背景として、元テレビ東京の大橋未歩アナウンサーが『5時に夢中!』(TOKYO MX)で裏事情を暴露したことも。TBSは帯番組が外注の制作会社によって作られており、力を持っているため、他局出身のフリー女子アナウンサーに仕事が回される傾向があり、社員アナが不満を抱いているのだという。確かに、朝の『あさチャン!』は元日テレの夏目三久アナウンサー、夕方の『Nスタ』はタレントのホラン千秋、夜の『NEWS23』は元テレ朝の小川彩佳アナウンサーが並ぶ。

 人気アナの続々退社を受けて、仕事の負担が増えそうなのがあの人気アナだ。

 「山本里菜アナウンサーですね。『サンデー・ジャポン』のほか、『爆報! THE フライデー』にもアシスタントとして出演。爆笑問題の片腕的存在で、信頼も厚いです。車デートの熱愛スキャンダル発覚時は、太田光からしっかりとイジられていました。さらに、『水曜日のダウンタウン』のさまざまな『臭いモノ』に挑戦する企画では、リアクションの表情がダウンタウンから評価されていました。バラエティもこなせる貴重な女子アナと言えます」(芸能関係者)

 実力や期待値が高い分、今後、彼女への負担が大きくならないよう願いたい。