脳梗塞、くも膜下出血で療養していた爆笑問題の田中裕二が次々とレギュラー番組に復帰している。そこで、話題を集めているのが田中のお菓子好きエピソードだ。お菓子の食べ過ぎが、夫人の山口もえに本格的にバレてしまい怒りを買ってしまった。さらに、事務所社長で相方の太田光夫人でもある光代社長からは「お菓子禁止令」が出されたとも一部報道で伝えられている。

 田中のお菓子好きエピソードはかなりのものだ。スナック菓子の『うまい棒』を愛好し、これまでに数千本は食べてきたという。『サンデー・ジャポン』(TBS系)内で、『うまい棒』の新作のサンプルが紹介された時には、思わず手に取り食べようとしたため、太田から「無意識なの?本番中だよね」とたしなめられる場面も。本能のレベルで求めているようだ。

 ​>>爆問田中が深夜ラジオ復帰「もう、こりゃだめだ」太田は正直な気持ちを明かす<<​​​

 さらには、自らも出演した『国民1万4000人がガチで投票:お菓子総選挙2020』(テレビ朝日系)で、俳優の斎藤工が「お菓子王子」として紹介された時には、田中は「お菓子王子は俺じゃねえか」と密かにライバル心を抱いたという。もちろんルックスでは斎藤の方が圧倒的に「王子感」があるが、お菓子愛ならば誰にも負けないと田中は思っているのだろう。

 そんな田中は、お菓子に関しては自分の意見を徹底的に押し通すタイプ。もともと頑固な性格で知られるが、お菓子に関してはより一層そのキャラクターが発揮されるようだ。そのため、同じくお菓子好き芸人のハライチの岩井勇気からは「スイーツハラスメント(スイハラ)」だと暴露されたことも。

 こうしたスイハラは岩井ばかりでなく、身近な人間にこそ発揮されている。事務所後輩のウエストランドの井口浩之は、普段は優しい田中が、お気に入りのお菓子を勝手に食べた構成作家に激怒したエピソードを『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』(テレビ朝日系)で披露していた。

 これほどまでにお菓子愛が強いだけに、禁止令が本当だとするならば、今後田中がストレスを抱えないかも心配だ。