10日放送の『突然ですが占ってもいいですか?SP』(フジテレビ系)に出演した四千頭身が、昨年、解散危機にあったことが明らかになった。
 
 結成5年の四千頭身。3人は所属事務所であるワタナベエンターテインメントの養成所ワタナベコメディディスクールで知り合っている。だが、今回占いを担当した木下レオンは、彼らの相性について「あまり良くなく、壊れやすい」と診断した。

 するとこの後、後藤拓実が昨年、都築拓紀に対して「もう3人での活動はいいかな」と知られざる胸中を吐露したことを明かす。これに占い師の木下は、石橋遼大に向かって「プライドが高すぎる。そんなプライドは要らない」とバッサリ斬り捨てた。どうやら不和の原因は石橋にある、とでも言いたげだったが、後藤と都築の2人は一斉に「当たってます」と激しく共感。
 
 この後2人から、石橋への不満が噴出。「僕らがアドバイスしても聞かない」「王様気質」「態度が見てられない」「楽屋とかじゃブイブイ言う」「こいつを正す手段がない」と都築がぶちまけると、後藤も「ディレクターさんに『こうだよ』と言われても(石橋は)あまりできなくて、その時くらいから『もう無理かな』となった」と打ち明けた。

 ​>>「アメトークで初めて死者が出る」四千頭身の2番手3番手が“底辺バトル”でスタジオ大荒れ<<​​​

 後藤が失望したという失敗について、石橋が「あれは本当にやってしまった…」と言うと、横にいた後藤は「フフッ」と嘲笑。だが石橋も、昨年は彼なりに「何かを変えなきゃいけないと変えたつもりでも変わってなかった」と挫折を味わったと説明。木下から「プライドを捨てたら3人はもっと良くなる」とアドバイスを受けると、後藤は石橋に「お前だ」と、危機の原因は石橋にあると断定していた。

 そんな石橋は端正な顔立ちから四千頭身の中でも女性層から一番人気。“バシガール”とも言われているファンからは、後藤と都築に対して「当たりが強い」「二人でいじめてる」と反発。さらに、孤立していた石橋に対して「石橋可哀想」「石橋さんには相談できる存在はいたのかな。一人で抱え込んでもがいてたんだとしたら、しんどかったね」と擁護と同情の声が起きていた。不仲説も渦巻く彼ら。今後変わっていけるのだろうか?