フジテレビの永島優美アナウンサーが今月4日、メインキャスターを務める同日放送の「めざましテレビ」で結婚したことを発表した。

 前日の3月3日ひなまつりの日に婚姻届を提出。永島アナはお相手の好きなところを聞かれ、「いろいろあるんですけど、機械にものすごく強くて、パソコンがすごくできる」「自分のことよりも、いつもほかの人のことを考えているところが、すごくいいな」などとのろけた。

 また、父でサッカー元日本代表の永島昭浩氏の反応を聞かれると、「低い声のトーンで『お父さんのことを忘れんといてな』って言ってて。ちょっと笑っちゃいました」と明かした。

 「フジはあらかじめ各スポーツ紙にリークしていて、その記事を受ける形で永島アナが結婚を発表。明かされていた情報は、お相手が30代の同局社員のディレクターで、交際期間は約3年半。挙式・披露宴は未定ということのみだった」(テレビ局関係者)

 ​>>結婚発表の永島アナ、35歳で離婚? 5か月前の占いが的中、ミキ昴生のコロナ感染も同番組で当てていた<<​​​

 永島アナと夫である局員の交際は17年に一部で報じられていたが、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)によると、お相手は早大でアイスホッケーをやっていた、身長180センチを超えるイケメン。

 夫は現在は今月終了する「とくダネ!」の担当だが、同番組の後継が永島アナがMCを務める「めざまし8」なので、3月末からは夫婦が同じ職場になる可能性もあるという。

 永島アナを祝福すべく、同僚の生田竜聖アナウンサーは永島アナに“直撃インタビュー”する動画をインスタグラムで公開。その動画で、永島アナはプロポーズの言葉は「笑顔を守らせてください」だったと明かしたが、フジの広報としてはそこまで情報を出す予定はなし。生田アナを注意した上で、投稿も削除させてしまったというのだ。

 「今後はフジの“朝の顔”となる永島アナだけに、結婚発表のタイミングはここしかなかったようだ。永島アナ自身の情報は出し惜しみしたが、視聴者が気になる話題にはズバズバ斬り込んでほしいもの」(芸能記者)

 永島アナは、プライベートを充実させた上で重責を担うことになりそうだ。