笑い飯(哲夫、西田幸治)が18日に放送された『やすとものいたって真剣です』(ABCテレビ ※関西ローカル)の未公開トーク集に出演。坂上忍と哲夫の因縁を明かす一幕があった。

 2014年、日本テレビ系で放送された『24時間テレビ』の深夜枠で、当時からテレビに引っ張りだこだった坂上が哲夫を呼び出した。その理由は、哲夫が坂上に噛み付いたからである。大阪で開催された上方漫才大賞授賞式に出席した際、哲夫が今後の目標として「テレビで坂上忍ばかり出さないようにする」と語っていた。その件を問うべく、坂上が哲夫を指名したのだ。

 番組では、哲夫が坂上に対して自らの主張を熱弁。「あんたばっかりテレビに出てる」と言うと、坂上から「(キャスティングしている)スタッフを批判しているんですか?」と返された。哲夫は何も言えずに、言い負かされた形となった。

 『いたって〜』でもその話題となると、当時、西田は「どの辺から脇汗止まらんようになったん?」と聞いたという。哲夫は「すぐ」と答えたらしく、「脇汗が膝までいったんですよ」と回顧し、スタジオを笑わせた。

 ​>>オードリー若林、坂上忍に怒られた?「それ直さなきゃダメだよ」反論できず困った場面を明かす<<​​​

 番組MCの海原やすよ・ともこも『24時間テレビ』を見ていたようで、やすよは「辛すぎて見てられんかった」とコメント。ともこは「(当時)坂上さんのこと腹立ったもん」と胸中を述べた。自分たちの感情を抑えられなかったため、次の日に劇場で会った際に言葉をかけたという。哲夫は大人の対応をしていたが、二人は熱くなってしまったと振り返った。

 「これには裏話があります。哲夫が後にラジオで語っていたのですが、『24時間テレビ』のスタッフから『“テレビや番組スタッフが悪い”という着地をしないでくれ』と言われていたそうです。坂上が『スタッフ』というキーワードを出したため、哲夫は何も返せなかったようですね」(芸能ライター)

 『24時間テレビ』の件で、いまだに叩かれることもある哲夫。こうした真相を知らない人も多いことだろう。哲夫が真摯に対応しているだけに、気の毒である。