俳優の岡田健史が自身の公式インスタグラムのストーリー機能で、女装姿を公開して話題になっている。

 公開されたモノクロ写真に写るのは、金髪のウィッグを被ったギャル風の岡田の姿。「珠里ちゃん」と書かれた文字から、岡田が出演する公開中の映画『劇場版 奥様は、取り扱い注意』の撮影時の一コマであることが分かる。

 岡田は19日に公開された綾瀬はるか主演の同映画で、劇場版の新キャラクター・岩尾珠里役で出演。綾瀬演じる桜井久実の親友になった、コスプレが趣味のダイニングバー経営者という役柄だ。鈴木浩介や前田敦子らと共に、劇場版における物語のキーマンとして注目を集めている。

 この女装姿にツイッター上では「女装しても美しくて草」など驚きの声が上がっていた。映画を観たと思われるファンからは「一番刺さったのが、岡田健史の女装姿」、「女の私が惨めになるくらいの、この世で一番美しい女装」と絶賛する声が多く見られる。

 ​>>「どこを目指してるんですか?」ピース綾部が投稿した“ハリウッドスター”のような写真にツッコミ<<​​​

 この映画はもともと2017年10月期に日本テレビ系で放送されたドラマ版が人気を博し2020年6月に劇場版が公開予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で公開延期に。19日にようやく公開に至った。

 撮影から公開まで2年間も経ったこともあり、20日に都内で行われた舞台挨拶の場で「当時の記憶は断片的」と語っていた岡田。綾瀬から「美しい顔」と評され「ドキドキします」と大照れだったという。実際に映画を観るまで、綾瀬のこの発言が女装を指していると観客も気付かなかっただろう。

 岡田は19日に授賞式が開催された「第44回日本アカデミー賞」で『望み』、『ドクター・デスの遺産ーBLACK FILEー』、『弥生、三月-君を愛した30年-』の演技が評価され新人俳優賞を受賞したばかり。2021年はテレビドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(日本テレビ系)や大河ドラマ『青天を衝け』(NHK)に出演。4月からは新ドラマ『桜の塔』(テレビ朝日系)に出演することが決定している。映画界での活躍も大いに期待できるだろう。

記事中の引用について
岡田健史の公式Instagramより
https://www.instagram.com/kenshi_okada_official