「第44回日本アカデミー賞」の授賞式が19日に都内で行われ、草なぎ剛主演の映画「ミッドナイトスワン」(内田英治監督)が最優秀作品賞と最優秀主演男優賞を受賞した。

 授賞式の模様は同日、日本テレビ系で録画中継されたが、最優秀主演男優賞を受賞した草なぎは「マジすか?ごめんなさいなんか、頭が真っ白になってしまって」と驚きの表情。

 そして、「今まで、皆さんと仕事させてもらえたこととか、仲間の皆さんに応援していただいていることとか。(香取)慎吾ちゃんとか(稲垣)吾郎さんとか。本当に近い人たちが支えてくれて、今日この舞台に立てたんだなと思って。うれしいです」と受賞を喜んだ。

 「ほかに優秀主演男優賞を受賞したのは、小栗旬、佐藤浩市、菅田将暉、そして、ジャニーズ事務所時代の草なぎの後輩で嵐の二宮和也。草なぎがジャニーズ独立後、公の場で初のそろい踏みとなったが、話の流れで草なぎが『ニノちゃん』と親しみを込めて呼び、ネット上では2人の“距離”の近さを喜ぶ声が上がった」(芸能記者)

 >>後輩の嵐・二宮に先勝! 草なぎ剛、意外にも映画賞初受賞だったワケ<<

 最優秀作品賞を受賞した際にも草なぎがスピーチ。「マジか!?って感じですよね」と驚きの第一声。「奇跡起こるんだなって。あきらめたりしないで、一歩ずつというか、たまに振り返ることも人間誰しもあると思うんですけど、またそこから少しでも進むと、何かいいことあるんだなと思って。本当にこの映画を愛していただいて、ありがとうございます」と感謝したのだ。

 「ジャニーズを退所後、草なぎ本人はまさか主演映画のオファーが来るとは思わなかったようだ。しかし、難役のトランスジェンダーの主人公役を見事に演じきって映画は大ヒット。さらに、これまでは大手映画会社の作品ばかりが受賞する傾向だったが、昨年、独立系の『新聞記者』が主要部門で3冠を受賞。以前と流れが変わったが、それでも大手の作品でない自分の主演作が選ばれるとは思わなかったのだろう」(映画業界関係者) 

 今回の受賞により、草なぎは俳優として大きくステップアップを果たすことになった。