25日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で、再ブレイクを予感させる1人の芸人が話題となった。

 この日の企画は、架空の番組にどんな芸能人を呼びたいか、プロの目線で指名する恒例の「芸人ドラフト会議」。競合してしまったら抽選か、指名をあきらめることになってしまう。今回は深夜11時台の冠番組を想定し、 そこに入れたい7名のゲストを順番に挙げていった。

 それぞれ1巡目、2巡目を消化。続く3巡目の“選択希望選手”の指名の際、アンガールズ田中卓志が自らの冠番組に呼びたいゲストとして、「もう中学生」と告げると、麒麟・川島明が「カァー!しまった!」と悔しそうに声を上げ、有吉弘行も先に指名されたことに「えーっ」と落胆。

 MCの雨上がり決死隊・蛍原徹が「川島も有吉も『もう中』ってなったけど、ちょっと頭にあった?」と聞くと、有吉は「欲しかったですねー」と答え、川島も次の4位指名で考えていたと告白。先に指名できた田中は「危ねえ!」と嬉しそう。

 ​>>「ついつい女性食べちゃう芸人」モザイク写真も、『アメトーーク』で“渡部の代役”となった芸人は<<​​​

 まさかの争奪戦となったことに、有吉は「もう中、こんなに人気あるの?」と言いつつ、「面白いんですよ 最近ね」とコメント。田中によれば、もう中は、かつて中日ドラゴンズにいた宇野勝選手をネタにした「宇野選手ゲーム」を考案したという。これは中日の帽子を宇野選手っぽくかぶっていたら合格というトリッキーなゲームなのだが、田中は「それがめちゃくちゃ面白い」と絶賛。こうしたゲームを20個持っているというのだ。

 すると有吉も、冠ラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFM系列)にゲストとして彼が来た時、「2時間ゲームして帰った」と告白。川島も「空車満車ゲーム」という謎のゲームを、無観客の会場で10分やり続けたことを暴露。「ハートが強い。いい意味で空気読まない」「本当に今一番おもろい」と手放しで褒めちぎっていた。ネットでも、彼を評価する声が絶えなかった。果たして再ブレイクなるか、楽しみだ。