マヂカルラブリー(野田クリスタル、村上)、空気階段(鈴木もぐら、水川かたまり)、ニッポンの社長(辻、ケツ)、シソンヌ(じろう、長谷川忍)らが出演する『コントミチ 笑う心臓』(日本テレビ系)が3月31日深夜に放送された。

 コントは『VTuber(Vチューバー)』といった最新テーマから、ありがちな設定である『枕投げ』や『葬式』、さらには野田が初めてテレビコントを手掛けた『魔界バスケ』など、30分に多くのコントが詰め込まれた。視聴者の反応は好評だったようで、Twitterでは「シュールな感じの深夜コント番組面白かったです」「またこのメンバーでユニットコント見たい」「最高に面白くてゲラゲラ笑ってるwww」「全員よしもとなのにそんな気がしない顔ぶれと絶妙な距離感が良い。質の良いコント番組でとっても面白かった!第二弾も観たい」との声があった。

 「『笑う心臓』は、日テレの深夜帯に20人以上の芸人が参加する4つのお笑い単発番組『真夜中のお笑いたち』の一つです。このほかにも、チョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)やニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)などが出演するコント番組『ヤバいハートマーク』や、宮下草薙・草薙航基と四千頭身・後藤拓実がプライベート旅行をする『ハネノバス』など、さまざまなお笑い番組が放送されます」(芸能ライター)

 >>芸人の活かし方が秀逸! マヂラブ、シソンヌらのコント番組の演出家は『有吉の壁』の橋本和明氏<<

 フジテレビでは4月より、チョコプラ、霜降り明星(粗品、せいや)、ハナコ(菊田竜大、秋山寛貴、岡部大)らが出演するコント番組『新しいカギ』のレギュラー放送がスタート。さらには、スペシャルとして『ただ今、コント中。』、『Do8(ドエイト)』など、多くのコント番組が誕生。テレビ朝日も、スペシャル番組『東京 BABY BOYS 9』、『お助け!コントット』など、お笑い第7世代ブームに乗って様々なコント番組を立ち上げた。

 「日本テレビも、その流れに沿った形です。『真夜中のお笑いたち』のスタッフには、若手が多く出演している『有吉の壁』の演出担当・橋本和明さんもいます。同番組が成功していることも、今回のコント番組放送の要因になったのかもしれませんね」(同上)

 コント番組は、予算や時間が掛かるにも関わらず、視聴率が取れないというジンクスがある。レギュラー放送は茨の道かもしれないが、今回のプロジェクトが成功すれば、今後のお笑い界の未来も切り拓ける。日テレにはぜひ頑張ってほしいものだ。