『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)が6日に放送。昨年の『M-1グランプリ』で活躍した芸人をゲストに招いて『M-1終わって3ヵ月 ファイナリスト中間報告〜後半戦〜』が行われた。

 元相方に当時の状況をアンケートで聞くコーナーでは、マヂカルラブリー・野田クリスタルの元相方・岩岡さんがスタジオに登場した。約18年前、大学生だった岩岡さんと高校生の野田が、お笑いコンビ役満を結成。今回、解散して以来の再会だという。岩岡さんは、今の彼らを見て、パワーバランス的に野田が上のため、うまくいっているが、自分たちの時は「(岩岡さんが)バリバリ上からいっていた」と回顧。野田も「(年齢も上で大学生だったため)怖かったです。今もちょっと怖い。年上でネタも作ってもらっていた」と振り返る。

 当時のネタを披露する一幕も。終了後、野田が「マヂカルラブリーになってよかった」とこぼすと、アンタッチャブル・山崎弘也から「(ネタのクオリティーが低かったため)“このフレーズ言いたくないな”みたいな顔するのよくないよ」とツッコまれていた。

 ​>>“尖っている”頃のマヂラブ野田を知るオードリー若林、イジる企画にビビっていた?<<​​​

 一方、村上は元彼女の馬場さんがテレビ電話で登場。彼女は元芸人で、現在は相席スタートとして活躍する山崎ケイとKBBYというコンビを組んでいた。先輩の村上とは8年前に交際していたという馬場さん。もともと接点がなかったが、共通の知り合いの芸人から飲みの場に呼ばれ、村上から「あなた今、彼氏とかいたりするの?」と問われたという。「優しくて、カッコいい」とタイプだったため、交際がスタートした。

 「破局理由を問われると、村上から『ギャンブルをするのを止めてくれなかった』と別れを告げられたと馬場さん。その胸中を訊ねられた村上は『めちゃくちゃ結婚したかった頃なんですよ。(止めてくれる人じゃないと)これは無理だな。って思ったんだと思います』と返していましたね」(芸能ライター)

 このほか、ニューヨーク・屋敷裕政が村上の恋愛遍歴について暴露。馬場さんとの交際後、吉本の女性社員に手を出した過去もあり、「めちゃめちゃ身内行くタイプの芸人」と暴露していた。