雨上がり決死隊の宮迫博之が、ユーチューブで次々と芸人とコラボしている。

 闇営業騒動により、いまだテレビ復帰を果たせていない宮迫。しかし、ユーチューブに活路を見いだし、今やチャンネル登録者数は140万人を突破。動画をアップするたびに大きな反響を集めるほどのビッグチャンネルとなっており、ユーチューブ界では飛ぶ鳥を落とす勢いとなっている。

 そんな宮迫だが、実はユーチューブチャンネルでは多くの芸人や芸能人とコラボ。吉本芸人でも、千原兄弟の千原ジュニア、品川庄司の品川祐、FUJIWARAなど多くの芸人とコラボした動画をアップしている。

 「宮迫のユーチューブ成功の立役者は、人気ユーチューバーのヒカル。ヒカルが自身のスキルを教え込み、宮迫は短期間でユーチューブでの人気企画、コネなどを習得していきました。ユーチューブでやっていくにあたり、宮迫も中堅芸人としてのプライドを捨てたのか、若者に人気のユーチューバーとも多くコラボ。知名度を伸ばし、若者にも人気のチャンネルに成長しました。結果、初投稿から約5カ月でチャンネル登録者数100万人を突破することになりました」(芸能ライター)

 ​>>千原ジュニア、宮迫に「キレていないとは言えない」 YouTubeコラボ快諾でファン歓喜、紳助さんも出演<<​​​

 実は中堅芸人たちのユーチューブ活動はなかなか厳しく、チャンネル登録10万人程度はザラ。ジュニアは14万人、品川は7万人、FUJIWARAは19万人となっている。

 「登録者数20万人以下のチャンネルの芸人たちにとって、登録者数140万人の宮迫はむしろコラボしたい存在。コラボ動画では多くの場合、動画を前後半に分けてそれぞれのチャンネルでアップするため、前半を宮迫のチャンネルにアップすれば、続きが気になる視聴者が流れ込んでいくという算段です。テレビから追放されたイメージの強い宮迫ですが、ユーチューブはスポンサーの顔色を伺うことなく、自由な発言も可能。むしろ今の方が伸び伸びと活動できているのかもしれません」(同)

 とはいえ、ユーチューブチャンネルを持たない大御所芸人、ダウンタウンや明石家さんまとはまだ共演NG。さらに相方の蛍原徹を動画に呼ぶこともいまだない。果たして今後共演NGを打ち破ることはできるのだろうか。