プロフィギュアスケーターの安藤美姫が、11日放送の『なりゆき街道旅』(フジテレビ系)に出演。ロケ中の言動に視聴者から苦言が集まっている。

 この日は、MCのハライチ・澤部佑とゲストとして安藤、タレントの武井壮が東京・御茶ノ水を巡る旅を敢行。話題のスポットやグルメなどを訪れていった。

 しかしその中で、安藤は武井が話し始めた話題で自身の話を始める場面もしばしば。さらに食事中、武井から「お付き合いしたらどこが(自分の)オススメのポイントなの?」と聞かれた安藤は「結構なアゲマンですね」と断言。その根拠として、自身と交際した男性が急に世界チャンピオン2連覇したと明かしていた。

 さらに、その男性については、羽生結弦選手やパトリック・チャン選手を抑えて優勝したと、相手を容易に特定できる情報も。その後も武井が亡くなった兄について語っている場面で、澤部は箸を止めて話を聞いているにも関わらず、安藤は食事にばかり夢中になる場面が放送されていた。

 ​>>『ローカル路線バス』太川陽介と安藤美姫が一触即発?「どうせ私たちに決定権はない」不機嫌な態度も<<​​​

 この安藤の一連の行動に、視聴者からは「食事中にアゲマンって下品過ぎる」「いろいろ無神経だよね」「自己中で不快な気分になった」といったドン引きの声が集まっていた。

 「また、場を盛り上げるためか、これから行くスポットがアナウンスされたりなどするたび、安藤は高い声で『きゃー!』『わー!』などと声を上げていました。番組を盛り上げるためとは言え、安藤の声はかなり高くて大きく、不快感を覚えた視聴者もいたようで、ネットから『声がひどくてテレビ消した』『日曜の昼のゆっくり見たい時間なのにうるさくて邪魔』といったブーイングも集まってしまっています」(芸能ライター)

 番組の最後には、「澤部さんのアシスタントでこれからも……」とレギュラー出演を希望していた安藤だが、番組ファンにとっては受け入れがたい提案となってしまったようだ。