昨年3月いっぱいでジャニーズ事務所から“社内独立”した元SMAPの中居正広だが、ここにきて暗雲が漂い始めている。

 これまで、元SMAPの草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾、元NEWSの手越祐也、元関ジャニ∞の錦戸亮ら、ジャニーズからの退所&独立組は、その時点でテレビのレギュラー番組が0本になるのが業界内の“暗黙のルール”だった。

 ところが、中居は自身の個人事務所を設立したものの、スタッフにはジャニーズの社員が出向するなど、ジャニーズとの関係は良好なままでテレビのレギュラー番組はそのまま。

 ところが、3月いっぱいでMCを務めていた日本テレビ系のトーク番組「新・日本男児と中居」が終了してしまったのだ。

 「それでも、まだ『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS)など4本のレギュラーを抱えるが、おそらく、もうジャニーズは新しい仕事の営業をすることはなく、番組終了のタイミングを局側に委ねているようだ。今後、中居が自ら頭を下げて営業しないと新しい仕事は増えない。独立しても、おそらく、ジャニーズとのギャラの取り分はそれほど変わらないのか、出演したテレビ番組で独立について『そんなに勧めないというか。絶賛、皆さんにお勧めします、という感じではない』と苦笑していた」(芸能プロ関係者)

 ​>>監修した作品が異例のヒット、独立後も稼ぎ続ける中居正広 現在の総資産は驚きの額に?<<​​​

 そして、ここにきて、あの大物と共演NGだったことが明らかになったのだ。

 発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)によると、中居がMCを務めるTBS系「中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん」に明石家さんまの娘・IMALUを起用したところ、今年1月の収録前にトラブルが。

 中居サイドからさんまとは共演NGだったことが告げられ、IMALUの出演は一時白紙に。結局、予定通り出演したものの、さんまの名前を一切出さずに番組が進行したという。 

 気になるその理由だが、16年にさんまと中居が共演したある生放送特番で、さんまがSMAPの解散問題についてしつこく聞いたことが原因だと思われるという。

 このままだと、中居が苦境に陥ってもさんまが“救いの手”を差し伸べることはなさそうだ。