数あるお笑い賞レースの中でも『M-1グランプリ』(朝日放送制作・テレビ朝日系)の注目度は高い。昨年度は、審査員の上沼恵美子からガチで怒られた経験のあるマヂカルラブリーが優勝を果たし、その独特のスタイルをめぐり「漫才か否か」と論争になったことも。

 ピン芸人日本一を決める『R-1グランプリ』(関西テレビ・フジテレビ共同制作/同系)は、今年度から出場制限が芸歴10年以内に絞られたが「M-1」は現時点では変わらず、コンビ結成歴15年以内となる予定だ。

 「M-1」で注目なのがラストイヤー芸人だ。過去大会では「芸歴10年以内」との制限があったが、中川家、ますだおかだ、アンタッチャブル、笑い飯が最後の年に優勝を果たしている。やはり最終年の優勝は大きな感動を呼び起こすと言えるだろう。

 今年、2021年度の「M-1」ラストイヤー芸人で、最も注目株と言えるのが和牛だ。長年、決勝の常連組であり、優勝候補ナンバーワンと言われてきた。昨年は不出場で、今後の「M-1撤退」も宣言している。だが、2019年の大会で準優勝し、ラストイヤーとなったかまいたちは当初は出場しないと明言していたが、撤回し出場している。和牛にもそうした動きがあるのか気になるところだ。

 >>大物芸人、人気芸人が『M-1グランプリ』審査員を断る理由<<

 関西の個性派コンビ、金属バットも今年がラストイヤーだ。2019年大会では準々決勝で敗退したが、GyaO!ネタ動画視聴人数で1位となったため、ワイルドカード枠で準決勝進出を果たすなど、しぶとさには定評がある。ひと暴れに期待したいところだ。

 チョコプラことチョコレートプラネットもラストイヤーとなる。2018年の準決勝敗退以降は「M-1」出場はない。彼らの芸風は漫才というよりはコントがメインなので、「M-1」とは縁がないのかもしれない。ジャンポケことジャングルポケットも今年ラストイヤーだが、2015年以降は出場がない。可能性は低そうだが、最後に珍しい「トリオ漫才」を見てみたいものだ。

 こうして見ると最大の注目株はやはり和牛と言えそうだ。今後「M-1」出場を宣言するか否かに注目が集まる。