これまで複数の芸能人たちが新型コロナウイルス感染を公表したが、感染したことでバッシングを浴び、仕事がなくなってしまったのが俳優の石田純一だ。

 石田は昨年4月、緊急事態宣言下にゴルフを楽しむために沖縄県を訪れ、帰京後に新型コロナウイルスに感染したことが発覚。その前には北関東でもゴルフを楽しんでいたことが報じられ世間から大バッシングを浴びたうえ、レギュラーを務めていたテレビ東京系の冠番組「石田純一のサンデーゴルフ」は同年6月に打ち切りとなってしまった。

 それでも石田は懲りず、回復後も夜な夜な会食に顔を出す様子が報じられ、そのたびに物議を醸していた。

 「かつて、都知事選出馬を表明した際にも仕事が激減したが、あの時よりもヒドイ状況。妻子がいるので、かなり厳しい状況に追い込まれているはずだが、自業自得なので、なかなか“救いの手”を差し伸べる人はいない」(テレビ局関係者)

 結局、ほかに選択肢がなかったようで、石田は今年1月、YouTubeチャンネル「じゅんちゃんねる【石田純一】」を開設したが、YouTubeの視聴者層のセンスにマッチした動画を配信できていないため、石田ほどの知名度がありながら登録者は4月20日の時点で5000人にも達していない。

 ​>>石田純一、妻・東尾理子を振り回したのはコロナだけじゃない 同情の声集まる<<​​​

 「登録者を増やすためか、知名度があり人気YouTuberでもあるロンドンブーツ1号2号の田村淳、ボクシング世界王者の亀田3兄弟の父・史郎さんらとコラボしているが、なかなか石田の登録者数は伸びないのが現状」(芸能記者)

 そして今月13日、登録者数193万人の人気YouTuber・ぷろたんが石田とのコラボ動画を配信。

 自身が引っ越したばかりの新居を舞台に、「【神回】隣のマンションに大物芸能人が住んでたので家に招いてみた!」とのタイトルで動画をアップし、その“隣人”として登場したのが石田。

 そのため、石田が家族と別居しているのでは、と話題になったが、そのような事実はなく“やらせ動画”だったのだ。

 石田が今後、登録者数を増やすのはなかなか至難の業のようだ