「芸人はテレビ、劇場、営業で活躍するしか生きる道はない」というのは、今は昔。YouTubeをヒットさせれば、一攫千金を掴むことができる。

 キングコング・梶原雄太が、YouTubeをカジサックとして成功させたこともあって、ここ数年、こぞって芸人がYouTubeを始めた。お笑いに特化するチャンネル、YouTuberに寄せるチャンネル、自分たちのやりたいことを動画で表現するチャンネル、さらにはネタをアップするチャンネルなど、そのジャンルは多岐にわたるが、最も注目すべきは、趣味や好きなものに特化したチャンネルである。一定数のファンがいるジャンルに目をつけた芸人が成功を収めているというのだ。

 「バッドボーイズ・佐田正樹の『SATAbuilder's』は、元暴走族総長という経歴を生かして、バイクの整備風景やツーリング動画をアップ。チャンネル開設当初から話題となっていて、現在、登録者数は54万人を突破。視聴回数100万回を超えるのは珍しくありません。また、インパルス・堤下敦の『堤下食堂』は、料理に特化したチャンネル。カジサックのフォローも相まって、チャンネル登録者数は38万人を突破しています。彼らは最初から趣味に特化し、成功を収めた例。芸人としての活動は、正直パッとはしませんが、趣味に目をつけ、YouTubeで活躍している芸人も意外と多いんです」(芸能ライター)

 >>石橋貴明、YouTubeコメントに「泣いたりしている」寄せられた何千件を全て読む 狩野英孝が明かす<<

 YouTubeでの活躍が先で“実は芸人だった”というパターンも多い。2013年からYouTubeを始めているはいじぃの『はいじぃ迷作劇場』はグルメリポートが有名で、チャンネル登録者数80万人。彼は、吉本の養成所・NSC東京3期出身のれっきとした芸人だ。当初は視聴回数が伸びなかったが、グルメレポートに特化したことで人気を不動のものにした。

 フワちゃん、水溜りボンド、デカキン、エミリンなど、芸人をドロップアウトしてYouTubeに転身し、成功したパターンもある。元芸人で現在はYouTuberとして活動しているメンバーや、いまだに芸人の活動も続けているメンバーなどがいるのが、『プリッとChannel』だ。当初は1万回未満の動画も少なくなかった。しかし、大食いやドッキリ企画をアップしたことによって人気が爆発。現在は126万人以上の登録者がいる人気YouTuberの仲間入りを果たした。

 現在、苦戦している芸人も、自分の趣味に特化したチャンネルに変化していくかもしれない。