タレントの岡田結実が先月15日、都内で行われたセルフホワイトニングサロン「デンタルラバー2021 新商品発表会」に出席した。

 各スポーツ紙などによると、イメージガールを務める岡田は公式サイトなどで男装を披露しており、この日も男装で登場。

 昨年3月末で「オスカープロモーション」を退社し独立。独立から約1年が経ったが、「独立当初は正直厳しいお言葉を頂くことが多くて、『どうせ1年後とかにはいないだろう』とか言われることがあったんですけど、生き延びられて良かった。1年前より仕事量が増えていってることが、変わったかなと実感してます」と笑顔を見せたという。

 気になる収入について聞かれると、ノリで「潤ってます!」と言ったが猛省。「仕事に応じて……やりがいももちろんそうなんですけど、お金の面もそれに伴ってちゃんと不満のない生活でお仕事をさせてもらってる。潤ってますって言っちゃったの、ヤバいな〜。普通です!」と歯切れが悪くなったという。

 「『潤ってます』というのは本音でしょう。以前は、それなりに事務所に持って行かれましたが、今はまるまる自分の事務所の稼ぎ。岡田からすれば、『こんなに事務所が持って行ってたのか!』というのが正直な感想なのでは」(芸能プロ関係者)

 ​>>佐藤健、完全独立は失敗? 大手芸能プロ所属タレントたちの独立志向高まる<<​​​

 同サロンのイメージガールは独立後にオファーがあり、また本年度後期のNHK・連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」への出演も決定。独立後、しっかりと“勝ち組”になったようだが、それにはある理由があったというのだ。

 「父親のお笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右の事務所・松竹芸能に入るという手もあったが、岡田としてはバラエティーよりもドラマやCMの仕事がほしかった。そう思って芸能界を見渡し、すり寄ったのがある芸能界の実力者。その実力者は傘下に複数の芸能プロを抱えているが、コロナ禍で傘下からの“上納金”はダウンする一方。そんな中、稼げる岡田がすり寄って来たので受け入れたようだ。岡田の事務所も事実上、傘下に入っている」(芸能記者)

 見事な処世術で、芸能界でのポジションは安泰のようだ。