昨年8月に交際が発覚していたKis-My-Ft2(キスマイ)の北山宏光と女優の内田理央の密会デートを、4月16日発売の「フライデー」(講談社)が報じた。

 記事によると、北山は4月中旬の夜、男性の友人と都内のバーに入店。その店に先に入っていたのが以前から交際が報じられている内田で、数時間ともにした後、各自の自宅に別々に帰宅したという。

 キスマイといえば、メンバーの千賀健永が昨年11月に新型コロナウイルスに感染したことをジャニーズ事務所が発表。

 自宅療養後には活動再開となったものの、その後も後遺症が残ったことを千賀がジャニーズ事務所のオフィシャルYouTubeチャンネルで告白。コロナ感染への怖さを訴えていた。

 「千賀の件があったことから、北山のデート報道に対して、ネット上では『メンバーにコロナ発症者がいるのに呑みに行くのはシンプルに良くない』、『キスマイに迷惑かけないでほしい』などと怒りの声が挙がった。内田との交際発覚により、かなりの数の北山の推しが離れてしまったのは想像に難くない」(芸能記者)

 ​>>ネクスト櫻井翔?「日テレっ子」キスマイ北山、意外と多い類似点<<​​​

 キスマイは2005年に結成され、2011年にようやくCDデビューを果たしたが、デビュー時から、北山、玉森裕太、藤ヶ谷太輔がテレビ出演の際などは前列に配置され、残る4人は後列。仕事面でも前列の3人が優遇され、さながら“3トップ”の様相で、メンバーの人気トップを争っていた。

 「後列の4人は元SMAPの中居正広がプロデュースしたユニット・舞祭組として活動し、一気に知名度がアップ。4人の中でも、ガチのアニヲタの宮田俊哉がブレイクし始めた」(テレビ局関係者)

 このまま北山の人気がダウンし続けるようなら“2トップ”になり、さらに宮田の台頭が進みそうだ。