俳優でミュージシャンの星野源と、女優の新垣結衣の電撃婚が話題だ。2人は2016年に放送された『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の共演者として知り合っており、「逃げ恥婚」のフレーズが踊る。双方それぞれ熱心なファンを多く抱えるだけに、「ロス」に陥る人も多そうだ。

 さらに、2人の恋愛遍歴を見ていくと、共演者と恋に陥る「共演者キラー」の側面が見えてくるが、微妙に事情は異なる。

 星野の元カノとして良く知られているのが、ミュージシャンのaikoだろう。彼女は共演者ではなく、知人の紹介がきっかけと言われる。2011年にデートの様子が写真週刊誌に激写された。2012年に星野がくも膜下出血で倒れると、献身的に看病していたとも言われる。ただし、その後破局を迎えている。

 aikoとの破局と並行するように星野は知名度を挙げ、数々の女性と噂になって行く。そこから共演者の名前が出てくる。最初に交際が取り沙汰されたのが、女優の夏帆だった。2013年公開の映画『箱入り娘の恋』で共演。舞台挨拶で星野が「夏帆さんと結婚します」と発言したのが発端となった。映画公開に際してのリップサービスの側面が強い。

 女優の二階堂ふみも、2013年公開の映画『地獄でなぜ悪い』で共演。この時は交際には発展せず、2015年の「資生堂マキアージュ Snow Beauty」のネットムービーで再び共演し、関係が深まったと言える。こちらは夏帆に比べればガチ度が高いが、映画の宣伝の一環ではないかとも言われる。

 2017年に『LIFE!~人生に捧げるコント〜』(NHK)で共演した女優の石橋杏奈とも噂になっているが、確定的な証拠はない。星野の恋愛遍歴は曖昧な部分、グレーゾーンを多く帯びていたとも言えるだろう。新垣もそうした1人だったが、見事にゴールインとなった。

 これに対し、新垣結衣の場合、「共演者キラー」ぶりは明らかだ。2007年に映画『恋空』で共演した俳優の故・三浦春馬さんと交際が取り沙汰された。この当時、三浦さんは17歳、新垣は19歳と、まだ10代だった。

 >>新垣結衣、竹内結子、木村佳乃、波瑠、吉田沙保里…共通する黒歴史は<<

 さらに、新垣の有名な元彼と言えば、当時は関ジャニ∞のメンバーとしても活躍していた錦戸亮だろう。2011年のドラマ『全開ガール』(フジテレビ系)で共演し、番組内では激しいキスシーンを演じたことも。2013年に熱愛が報じられ、交際は2014年ごろまで続いたようだ。原因は錦戸の女性関係の奔放さにあったと言われる。

 その後、噂になったのが、2013年の『リーガルハイ』(フジテレビ系)、2015年の『掟上今日子の備忘録』(日本テレビ系)で共演した俳優の岡田将生だった。2人で食事に行く姿などが目撃されたと言われる。錦戸との破局時を照らし合わせれば、気になる関係であるのは確かだ。

 そして、2016年の「逃げ恥」での星野との出会いを果たしたのは周知の通り。新垣は共演者との恋愛を繰り返してきた、恋多き女と言えるかもしれない。