アイドルグループ『戦国アニマル極楽浄土』の狐々ちーりんが、6月1日発売の『FLASH』(光文社)でグラビアを初披露した。

 『戦国アニマル極楽浄土』通称『戦極』は、和風×EDMをコンセプトに枠にとらわれないダンスパフォーマンスと歌唱力で注目を集めている、異色のアイドルグループ。結成3周年にあたる2021年10月には、ZeppDiverCityでワンマンライブが決定している。そんな戦極の狐担当・狐々が、同誌で宿泊客を誘惑するセクシーな仲居さんに大変身。黒いランジェリー姿を披露している。

 ​>>全ての画像を見る<<​​​

 自身の名前の由来について狐々は、「『ちーりん』は、りゅうちぇるさんのような少し変わった名前が理想だったのと、『ももいろクローバーZ』のあーりんさんが大好きなので、自分でつけました。地元の鹿児島に、知林ヶ島(ちりんがしま)という観光スポットがあるんです。長音符を入れるとちーりん! いつかちーりんヶ島に名前が変わるくらい、有名になりたいです」と明かしている。

 また、表紙にはドラマ『春の呪い』(テレビ東京系)で民放地上波ドラマ初主演を果たした髙橋が登場し、透明感に満ちた美しさを披露している。ドラマの撮影について高橋は、「『春の呪い』は許されない恋がテーマで、複雑な感情がたくさん。原作や台本を何度も読み、リハーサルで監督さんとお話して、役を自分に落とし込む努力をしています。そうすると寝れなくなっちゃうんですよね。じゅうたんで横になって仮眠をとっています」と語った。

 さらに、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の出川ガールに就任した箭内夢菜も登場。撮り下ろしグラビアでは、魅力的なマシュマロボディを6ページにわたり披露している。また、『トリニクって何の肉』(テレビ朝日系)などのクイズ番組で活躍する明治大卒のHカップ才女・わちみなみや、人気セクシー女優“坂道みる”が“miru”に改名後初のヌードを披露。ほかにも、ミスFLASH2021のセクシーワンピース水着のアザーカットも公開されている。