6月9日放送の『あいつ今何してる?』(テレビ朝日系)で女優・菊池桃子が愛犬に関し明かしたエピソードが、視聴者の間で物議を醸している。

 菊池は「もう一度会いたい人」として「約10年前に住んでいた家の近くの動物病院の獣医師」を挙げた。菊池は高校生の頃から犬を飼っており、獣医師は20年にわたり愛犬たちの面倒をみてくれた恩人という。

 菊池は約10年前、獣医師の優しさに心打たれたという。菊池の長女は身体に障がいを持っており、学校では周囲のサポートを受けて生活しているが、自宅では逆に愛犬「ビーちゃん」を熱心に世話してかわいがっていたという。

 だが、ビーちゃんが20歳を迎え、人間でいう100歳超えの年齢に入ったあたりから元気をなくし、いつ死んでもおかしくない状況に。長女はその事実を知ると深い悲しみに覆われ、精神的に不安定になったという。

 そこで菊池が獣医師に相談したところ「娘さんが悲しむのをビーちゃんは望んでないでしょうね」「娘はヨークシャーテリアが好きなので、いい子犬がいればいいのですが」「では、僕の知り合いのペットショップに聞いてみましょう」と新しい子犬を迎え入れることになったという。

 ​>>ユーチューバーのゆん、愛犬を「捨て犬」と表現し炎上 動画を修正も別の批判「コメント消してる」指摘も<<​​​

 だが、この展開にネットでは「え!まだ犬が生きているのに新しい子犬買っちゃうの?」「新しい犬を迎え入れればいいとか、そういう問題じゃなくね?」「せめて看取ってからでは?」といった声が相次いでいた。

 また、菊池家で新しく引き取った犬にヘルニアの症状が出たことから、獣医が責任を持ってペットショップへ返却したという。ヘルニアが治った後に菊池に返すという展開もあったが「一度飼った犬を病気で返却するの?」「病気でも責任を持って飼うべきでは」といった声が相次いでいた。

 獣医師は「ビーちゃんが元気ないのに、続けて飼った犬が病弱だと娘さんが悲しむと思ったから」と説明。あくまで長女のことを考え、犬を返したという。

 確かに、犬好きな長女のことを思えば、その判断も間違いではないのかもしれない。ただ愛犬家によっては「イイ話」とは思えなかったようで、モヤモヤを残す結果となってしまったようだ。