今秋から2クール放送されることが決定しているテレビ朝日系の人気ドラマシリーズ「相棒」だが、以前、一部で主演の水谷豊の相棒役を務める反町隆史の奔放過ぎる行動が報じられた

 「記事によると、冬の寒い日の撮影の時、水谷さんを中心に180度回る屋外ヒーターで出演者が暖を取っていたところ、突然反町さんが自分にだけヒーターが当たるように首を固定させ、現場の空気が凍ってしまったのだとか。とはいえ、水谷さんはそんな豪快な反町の性格を気に入って、全く気にしていなかったようだが、水谷さんの前でそんな振る舞いができるのは反町さんだけ」(テレ朝関係者)

 今回の出演で7シーズン目に入る反町は、初代の相棒だった寺脇康文の出演歴に並ぶ最長の“相棒”となるが、どうやら、さらに更新されることになりそうだ。

 ​>>4代目相棒・反町が躍進の陰で5代目候補者たちの就任が実現しなかった理由<<​​​

 発売中の「女性自身」(光文社)によると、「相棒」は1年で2クール放送されるため、体力的にとてもハード。

 そこで、制作サイドは水谷への負担を考え、70歳を一つの区切りと考え、来年予定している映画の撮影が終わったタイミングで、水谷に続投するかを確認する予定だという。

 そして、水谷の続投に当たって譲れない条件が、反町が“相棒”を続けること。つまり、事実上、反町が最後まで“相棒”を続けることが決まっており、「相棒」がいつまで続くのかは水谷の体調や、気持ち次第だというのだ。

 「以前、反町は各局のドラマに主演するも相次いでコケ、いつの間にか“低視聴率男”のレッテルを貼られてしまった。そこに“救いの手”を差し伸べたのが水谷で、今や『相棒』が反町の代表作に。そんな経緯もあって、反町は水谷に忠誠を誓い、『相棒』に全力投球。極力、ほかの仕事入れずに『相棒』に集中できるようにしているようだ」(芸能記者)

 劇場版は作品を重ねるごとに興行収入を落としているが、次回作のストーリーが注目される。