俳優の香川照之が10月にスタートするTBS系の新情報番組「THE TIME,(ザ タイム)」で金曜のメインキャスターを務め、情報番組の司会に初挑戦することを、各スポーツ紙などが報じた。

 各紙などによると、放送時間は午前5時20分から同8時。月〜木曜は同局の安住紳一郎アナウンサーが司会を務めるが、他の出演番組との兼ね合いで金曜は休日。その穴を香川が埋めることになった。

 新番組のプロデューサーは、安住アナが司会の「ぴったんこカン・カン」のプロデューサーを長年務めている人物で、香川は同番組のゲストの常連。その関係などから今回の抜てきになった模様だ。

 ​>>「TBSは今日、死んだに等しい」視聴率が惨敗しても朝の番組をバラエティ路線で続けたい事情<<​​​

 「同局といえば、人気ドラマシリーズ『半沢直樹』でも香川が主要キャストの一人を務めるなど、いわば香川にとって御用達のようなテレビ局。信頼関係のある安住アナの穴を埋める大役ということもあり、おそらく、断るという選択肢はなかったのでは」(テレビ局関係者)

 香川といえば、俳優業のみならず、市川中車として歌舞伎界でも活躍。もし、金曜に出演する公演が午前中から都内であれば、番組を終えてすぐに向かわなければならず、超ハードスケジュールだ。

 「もともと、息子のためにかなり遅れた“新参者”として歌舞伎の舞台に立ったために風当たりは強かった。俳優、歌舞伎以外にボクシング中継の解説やNHKの昆虫番組への出演、子ども服のプロデュースなどをこなして稼ぎまくっている。もし、メンタルが強くなければ、歌舞伎界の風習に合わせようとほかの仕事をセーブしていたかもしれないが、まったくそんな兆候はなし。ギャラは破格なようで、堂々と司会業をこなすことになりそうだ」(演劇担当記者)

 香川が穴を埋めてくれることになったが、それでも安住アナは超多忙。香川の評判次第では、週に司会を務める回数が増えることになるかもしれない。