6月24日から全世界で同時配信されているNetflixのオリジナル作品「全裸監督 シーズン2」にヒロイン役で出演している女優の恒松祐里が同日、自身のインスタグラムを更新し、同作への思いを明かした。

 同作はアダルトビデオ業界の伝説的監督・村西とおるさんの半生を描いた作品で、今回、シーズン2を配信。恒松は村西さんの妻となる元AV女優の乃木真梨子役を演じている。

 恒松は《本作に出演するのはとてもチャレンジでした》と明かし、《例えば、今はいないけどいつか私に新たな家族が出来た時、本作が与える影響を考えたら不安になったり。私の大切な人が傷ついてほしくないなということなど色んなことを想像しました》と告白。

 >>子役出身でドラマも多数出演、恒松祐里が『全裸監督』のヒロイン役を受けて決めた“覚悟”<<

 しかし、《それでもやりたいと思ったのは両親の応援と、今世界中で様々な問題が起こっている中で明日自分が好きな仕事ができるかわからないという状況からくる“後悔したくない”という気持ちでした》と経緯を明かした。

 「劇中では当たり前のように脱いで体当たりの演技に挑んでいる恒松だが、相当な覚悟と決意を固めて出演したはず。子役からキャリアを重ね、安定した仕事ぶりだったが、ここで一気に大勝負に出るとは思わなかった」(テレビ局関係者)

 配信開始のタイミングは、出演しているNHKの朝の連続テレビ小説「おかえりモネ」の放送と重なってしまっただけに、驚くドラマの視聴者も多いはず。しかし、今回のチャレンジで大きくステップアップできそうだというのだ。

 「あれくらいやっていれば、今後の作品で脱ぐことにも抵抗がないはず。同じ事務所の女優陣は吉高由里子が若いころに脱いで大きくステップアップ。恒松も吉高と同じ道を歩むことができるかもしれない」(芸能記者)

 7月5日にはファースト写真集「月刊 恒松祐里 優」が発売されるが話題になりそうだ。