7月4日に放送された、日本テレビ系のバラエティ番組『行列のできる法律相談所』に出演した特別司会の明石家さんまの「失礼すぎる」言動が、非難を浴びている。

 この日の『行列』は「私が憧れた神アイドルスペシャル」と題して、この日の出演者達が子どもの頃に憧れていたという「推しアイドル」にまつわるエピソードを紹介していた。

 さんまに非難が集まったのは、中盤に放送されたフワちゃんと滝沢カレンが小学生の頃に憧れていたという「ミニモニ。」に関するパートであった。

 ​>>『さんまとマツコ』、さんまの“暴走”に「夕方の食事時にこれはない」の声 マツコもスタッフに苦言?<<​​​

 「ミニモニ。」は2000年〜2004年に活動していたハロー!プロジェクト所属の女性歌手グループ。「身長150cm以下」という条件でモーニング娘。およびココナッツ娘。からメンバーを選抜したユニットであった。

 全盛期にはモーニング娘。を凌ぐほどの活躍を見せ、デビュー曲の「ミニモニ。ジャンケンぴょん!」はCD売上78万枚の大ヒットを記録した。

 小学生時代が「ミニモニ。」の全盛期であったフワちゃんと滝沢カレンは、当時「ミニモニ。に入りたい」と本気で考えており、特に小学生の頃に身長168㎝だった滝沢は同級生から「ダース・ベイダー」(『スターウォーズ』に登場する巨体が特徴の悪役)とあだ名されてからかわれており、「朝起きたら魔法で小さくなっていたい」「(小さくなるために)靴底をワザと擦り減らした」と涙ながらに語っていた。

 そんな滝沢のために、番組では滝沢カレンとフワちゃんが一夜限りで「ミニモニ。」に加入する企画を用意。「カレフワミニモニ。」を結成させ、「ミニモニ。ジャンケンぴょん!」をスタジオで披露した。

 スタジオには、オリジナルのミニモニ。メンバーである矢口真里と辻希美も集まったのだが、その際に司会のさんまが「カレフワミニモニ。」に対し、厳しいツッコミを行った。

 さんまは現在38歳になったリーダーの矢口真里に対し、「(時間が経つと)同じ衣装でもこうなるのか」「大阪の新世界のオバちゃんみたい」と容姿いじりを行い、さらにミニモニ。の衣装で登場した滝沢カレンには「おい!ダース・ベイダー」と滝沢がかつて傷ついていた悪口をわざとブリ返すような発言を行っていた。

 スタジオでは矢口も滝沢も笑っていたが、ネットではさんまの発言にドン引きした人も多かったようで、「年齢いじりとかダサい」「本人が嫌がってたあだ名をわざと浴びせるのは酷い」「あのいじり方はひどい」「デリカシーがない」といった声が相次いだ。
 
 さんまはVTRにて、「滝沢がダース・ベイダーと呼ばれて傷ついていた」事は知っていたはずであり、そんな滝沢に対しその呼び方は、やはり「デリカシーがない」と非難されても仕方がなかったと思われる。

 『行列』でのさんま司会はスペシャル版恒例ではあるが、「神アイドルスペシャル」はさんまとの相性はあまり良くなかったようだ。