メンタリストDaiGoと、弁護士ユーチューバーの岡野武志弁護士との“バトル”が話題になっている。

 きっかけとなったのは、2人組人気ユーチューバー・みきおだのみっき〜の淫行疑惑。みっき〜の自宅で2人で飲酒し、その後関係を持ったというもの。しかし、みっき〜側は体の関係を否定し、現在両者とも警察の捜査を受けている状態となっている。

 そんな中、DaiGoは7日に行った配信の中で、未成年との淫行については、13歳未満がNGだと指摘。「14歳から17歳っていうのは相手の同意とかあれば普通は検挙されないです」とし、「そもそも警察は捜査すらしませんよ」と話していた。

 ​>>未成年淫行疑惑のユーチューバー、“美人局の可能性”示唆し反論 別の女性からの被害届情報も?<<​​​

 これに対し、岡野弁護士は翌8日にアップした動画の中でDaiGoの動画について言及し、「これ完全に間違ってて」とバッサリ。DaiGoの言う、合意がある上での14歳〜17歳との金銭のやり取りなしの淫行は「青少年保護条例違反」に当たるといい、関係のあった時点で逮捕・立件され、罰金刑になるのが一般的な流れだとコメント。DaiGoがこの動画に反論したら、「私の方でね、50倍ぐらいにしてね、返す動画また作ろうと思ってる」と明かしていた。

 これにDaiGoは触発されたのか、11日にDaiGoが親交のある福永活也弁護士を引き連れ、岡野弁護士の元を訪れる動画がアップされることに。DaiGoの解釈は福永弁護士に聞いたものだというが、岡野弁護士は「議論にならない」と笑いながら指摘。実際に逮捕されるケースがあるため、「私が動画で出すとしたら、17歳に19歳が手を出しましたってなったら、『違法』って言っちゃった方がいいんだろうな」と犯罪の助長を防ぐために正しい言い方をすべきだとした。

 また、今回のみっき〜の件については、実際に体の関係があったとしたらDaiGoの解釈も福永弁護士の解釈も「アウト」とのこと。結果的にDaiGoの発言が正された形になり、コメント欄には、「正しい情報知れてよかった」「間違った情報が岡野弁護士に否定されてよかった」という声が集まることに。

 一方、DaiGoは未成年淫行の事例について、岡野弁護士にさまざまな質問をぶつけていたが、最終的に刑事に人の嘘が見抜けるのかという方向に話を持っていく場面も。岡野弁護士にメンタリストの企画を持ち掛けている様子に、ネットからは「最後DaiGoが自分の得意分野に持っていってるところに、負けず嫌いさを感じる」「日本一負けず嫌いなメンタリスト」という声も集まっていた。

 とは言え、DaiGoは11日夜に配信を行い、自身の解釈が間違っていたとして「申し訳ございませんでした」と謝罪。コメント欄にはファンからのエールが集まっている。

記事内の引用について
メンタリストDaiGo公式ユーチューブチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCFdBehO71GQaIom4WfVeGSw
岡野武志弁護士公式ユーチューブチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCl8E6NsjN979gbMBdztF48g