飛ぶ鳥を落とす勢いで人気を博す女優の仲里依紗について、一部ネット上からネガティブな声が上がっている。

 仲は2020年4月にユーチューブチャンネル「仲里依紗です。」を開設。同年末には登録者100万人を突破し、2021年7月時点では登録者数140万人目前となっている。

 そんな仲だが、ユーチューブでの飾らないキャラクターが大人気に。プライベートをあまり出さないという“女優”のイメージを一新し、飾らない素の自身を見せ、反響を集めているがーー。

 ​>>仲里依紗、夫への不満吐露?「なんであっちの株だけ上がって」 夫婦仲をうらやむ声も<<​​​

 「実はその一方、異様に高いテンションに、一部ネット上からは『ついていけない』『とにかくうるさい』『私面白いでしょ感が痛い』という声が集まっています。ユーチューブだけならば苦手な人は仲の動画を避けるだけで済みますが、今ではそのキャラクターが買われてバラエティ番組やCMにも多数出演。そのたびに同じ高いテンションのため、一部ネットから『うんざり』と言われてしまっているようです」(芸能ライター)

 また、インスタグラムもテンションの高いものが多数投稿されている。

 「7月5日には、派手なニット帽と青いサングラス、オレンジのマスクを着用した自撮り写真を投稿し、外で仲だと気づかれたことを報告。『なんでわかるの?ねぇなんでなの??』とつづっていましたが、ネットからは『そんな格好してたら気づかれるでしょ…』『典型的な面倒くさい人』という声が集まっていました。

 そして、4月にはインスタでディズニーの参加型アトラクションで自身の名前を言った際、アトラクションのキャラが『ミイサ?』と名前を聞き間違えられたことを報告。『身バレを気にしてくれたのかな?』とつづっていましたが、これにネットから『自意識過剰』などとバッシングが集まることに。仲はストーリーズで『冗談まじりのギャグ』と反論していましたが、ネットからは『根に持つ性格』『全員に冗談は通じない』と逆に冷たい声も集まってしまいました」(同)

 とは言え、やはりに飾らないユーチューブでの活動がまだまだ人気を支えている仲。一部のネガティブな声も吹き飛ばし、今後も活躍を見せてくれるだろうか――。

記事内の引用について
仲里依紗公式インスタグラムより https://www.instagram.com/riisa1018naka/?hl=ja