2人組人気ユーチューバー・スカイピースが15日に行った解散ドッキリが物議を醸している。

 スカイピースは15日夜にユーチューブで「【解散】スカイピースを5年間愛してくれてありがとう」という配信を敢行。動画冒頭で、テオくんが「スカイピースは、解散します。ホントに急で、ホントにすみません」と解散を報告した。

 理由について、イニ(じん)の「裏方が好き」という希望をテオくんが受け入れ、5周年というタイミングでの解散となったと明かしていた。

 ​>>人気ユーチューバー、セクシー女優の胸に顔押し付け批判集まる 動画は一時非公開、女性ファンから悲鳴も<<​​​

 解散は即座にネットニュースになり、動画では2人がこれまでのスカイピースについて語ったり、かつてのライブ映像などが流れたりなど、ファンにとっては感動的な動画となっていた。

 しかし、動画終盤になってテオくんは突然、「スカイピースがもし解散したら、という動画を作ってみました」と告白。2人は「ドッキリ」という言葉はこの動画には相応しくないと主張しつつ、この配信を行った理由について、「時間は戻せないし、失ったものっていうのは巻き戻しがきかないことだから、だからこそ命だったり時間だったり、すごい大切なものを失う前に何か行動に移してほしい」と説明していた。

 ネットやコメント欄にはファンからの安堵の声が集まっているが、一方では「新手の詐欺」「やってること悪質」「ユーチューバーどんだけモラルないんだ」といった批判が相次いでいる。

 「批判されている最も大きな理由の一つは、スーパーチャット、いわゆる投げ銭機能がオンになっていたことです。配信開始から20分も経たないうちに機能はオフにされたたため、高額のスパチャが集まったわけではありませんが、少なくとも3万5000円以上が集まり、1万円以上を投げていたリスナーもいました」(芸能ライター)

 配信後、イニ(じん)は公式ツイッターでスパチャを送ってくれたユーチューバー仲間に対し、「途中までスパチャオフにし忘れてました!」と説明。「スパチャ分以上奢ります!!!スパチャくれたリスナーさんにもそのくらいの物返すつもりでいきます!」とコメントしている。

 とは言え、ネットからは未だ「詐欺」の声が噴出し、炎上状態に。ドッキリの代償はあまりにも大きかったようだ。

記事内の引用について
スカイピース公式ユーチューブチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UC8_wmm5DX9mb4jrLiw8ZYzw
イニ公式ツイッターより https://twitter.com/JINJIN1027