昨年10月にひき逃げ事故を起こして道路交通法違反の疑いで逮捕されたが、後に不起訴となった俳優の伊藤健太郎と、事件当時、交際が報じられていた女優の山本舞香がすでに破局していたことを、発売中の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じた。

 2人はドラマや映画での共演がきっかけで交際に発展。昨年1月には、写真誌で同棲も報じられていた。

 そして、昨年10月の伊藤の逮捕直後には、共演した映画「とんかつDJアゲ太郎」が公開され、山本は初日舞台あいさつに出席。伊藤の件には触れず、終始笑顔を浮かべていた。

 ​>>谷原章介、大声で「頑張れっ!」伊藤健太郎への力強いエールが物議 「同業者忖度」の指摘も<<​​​

 同誌によると、山本は事件直後は『近くで支えてあげたい』と語っていたというが、このまま付き合っていては山本の仕事にも影響が出てしまうことは確実。事務所や周囲の助言もあったようで、泣く泣く別れを決めたという。

 さらに、山本の周りの大人たちは「2人は事件前から別れていた」と仕事関係者に伝えており、伊藤とは事件発生の時点ですでに交際していなかったことにしたかったようだ。

 「ようやく山本は仕事が軌道に乗ってきたので、事務所のお願いを聞き入れるしかなかったのだろう。伊藤としても、山本に迷惑はかけられないので、別れを選択してくれて安堵しているのでは」(芸能記者)

 伊藤の事件後、山本は今年4月期にテレビ朝日系で放送された連続ドラマ「コタローは1人暮らし」に主要キャストで出演。また、8月5日に放送される同局の滝藤賢一主演の単発ドラマ「警視庁ひきこもり係」への出演も発表された。

 「各局の中でも、特にテレ朝は山本のことを評価して、次々と作品のオファーを出しているが、それも伊藤と別れたおかげだろう。その点では、山本の所属事務所の判断は間違っていなかった」(テレビ局関係者)

 山本は仕事に没頭して、徐々に破局のショックから立ち直っているはずだ。