7月29日に俳優の林遣都と女優の大島優子が結婚を発表したのを受け同日、大島と同時期にアイドルグループ・AKB48の主力メンバーとして活躍した女優の前田敦子が都内で行われたイベントに登場し、大島を祝福した。

 各メディアによると、前田は結婚どころか交際についても知らなかったそうで、「優子はそういう話をあまりしない。多分、誰にもあまりしない子なので」と話したという。

 ​>>前田敦子、大島優子の結婚に「なんてタイミング」「キャラクターみたいで素敵な二人」笑顔で祝福<<​​​

 先日は前田が出演していた舞台を大島が見に来てくれたというが、コロナ禍のため直接は会えず、LINEでしかやりとりをしなかったのだとか。

 大島に対しては「誰にも言わずに育んだ愛はとてもステキなものになっているだろうなと思います。結婚式を挙げられるようになった時は絶対呼んでください。楽しみにしています。末永くお幸せに」と祝福のメッセージを送った。

 「前田といえば今年4月、俳優の勝地涼と離婚したことを報告。シングルマザーとなったが、なかなか話し合いがこじれてしまった。まだ離婚から3か月だけに、大島の結婚についてはあまり乗り気でコメントしないのではと思われたが、満面の笑みでコメントしたのには驚きだった」(イベントを取材した情報番組スタッフ)

 前田が笑顔でコメントした理由だが、発売中の「女性自身」(光文社)の記事を読めば納得。

 前田は先月、何度もあるマンションに1人で出入りしていたというが、そのマンションに住むのは新恋人である7歳年上のファッションデザイナー・森川正規氏。

 森川氏は12年には米の歌手レディ・ガガの世界ツアーの衣装を手掛け、パリ・コレクションにも参加。芸能関係の知り合いが多く、その縁で知り合ったようで、前田の事務所は交際を否定したが、前田が子連れで森川氏の部屋に泊まることもあるというのだ。

 民法で女性の再婚禁止期間は100日となっているが、前田がかなり前のめりなようで電撃再婚もありそうだ。