18日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)に出演したお笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼による、宮迫博之のユーチューブ活動への見解に反響が集まっている。

 この日、番組では前日に解散を発表したお笑いコンビ・雨上がり決死隊について特集。雨上がり決死隊は2019年6月に発覚した宮迫の闇営業問題以降、実質的に活動休止になっていたが、宮迫は2020年1月にユーチューブチャンネルを開設し、ユーチューバーとして活動を開始していた。

 17日にABEMAなどで配信された「アメトーーク!特別編 雨上がり決死隊解散報告会」では、蛍原徹が解散のきっかけの一つとなったのが宮迫のユーチューブだと明かす場面もあった。

 ​>>ウエンツ、雨上がり解散にWaT解散を重ね「名前を残すと罪悪感を持つ」 加藤浩次不在を残念がる声も<<​​​

 『バイキング』でこの話を振られた矢作は、「ユーチューブを始めたことはね、生活もあるし、待ってたってテレビの復帰もいつできる分からないし、極楽(とんぼ)の山本さんだってそれで全然できなかったし」とユーチューバーとしての活動自体には理解。一方、問題点について「ユーチューブをやったことじゃなくてユーチューブの内容だと思うんですよ」と指摘した。

 矢作は「コラボとかいろんなユーチューバーとやったりして、ちょっと意識高い系の人たちが多いじゃないですか、ユーチューブって。そうするとあんまり節操ないことするんですよ」と言い、「テレビの人たちに気を遣って、『こういうことやらない、やりたくない』って宮迫さん思ってたと思うんだけど、(コラボしたユーチューバーは)『自分のことなんだから、自分のことは自分でやりましょう』って意見に流されて、蛍原さんにとっては節操ないユーチューブのやり方って思ったんじゃないかな」と分析していた。

 この矢作の分析に、ネット上からは「矢作が言ってることが真理」「タイミングと内容が違えば解散になることもなかっただろうね」「節操ないはドストレートだけどその通りだと思う」という賛同の声が集まっていた。