元テレビ東京でフリーの鷲見玲奈アナウンサーの「鷲見玲奈ファースト&ラスト写真集『すみにおけない』」(集英社)が、週間1万2477部を売り上げ、8月16日付の「オリコン週間BOOKランキング」のジャンル別「写真集」で初登場1位を獲得した。

 本作は、沖縄本島と久米島で撮影を行い、飾らない生身の鷲見に迫った一冊。写真集撮影にあたり、鷲見アナは2キロ増やしながら理想の体形を作り上げたことを明かしていた。

 フォロワー70万人に達したインスタグラムを活用しPR活動を行ったが、発売に先がけてビキニ姿に薄手のトップスを重ね着した写真を投稿したが、どうやら、それが誤算だったようだ。

 ​>>NG無しでテレ東時代の年収も明かした鷲見アナ、セクシー写真集発売で田中みな実とバチバチの関係に?<<​​​

 「おそらく、購入しているのはほとんど男性だと思われる。『先行カット』でビキニの上に羽織があるからには、写真集ではその羽織がないビキニ姿が見られると思うのが読者心理のはず。ところが、写真集のカットではその羽織写真が〝最大露出〟だった」(出版業界関係者)

 価格は税込みで2200円。60万部のヒット作となったフリーの田中みな実アナの初写真集よりもややお高いこともあってか、購入者たちはプッツン。

 大手通販サイト「Amazon」のカスタマーレビューを見ると、最高評価の「星5つ」が35%なのに対して、最低評価の「星1つ」が50%近く。《最初で最後なのにこれはないなぁ》、《期待外れです 本棚のすみにおきます》、《2度と手に取ることはないと思い焼却することになりました》などの酷評が続々と書き込まれている。

 「鷲見アナも黙っておけばいいものの、すでに削除されたが、ツイッターで《脱がないからと言って文句言うのは違うと思うんですよね》などと応戦してしまった。5月にはパイロットの彼氏との同棲が報じられ、そして今回の出し惜しみ。ファン離れが加速し失速しそう」(芸能記者)

 鷲見アナのインスタによると、すでに3刷目だというが、今後、売り上げの伸びはあまり期待できないようだ。