俳優の岡田健史が所属事務所「スウィートパワー」からの退所を求めて起こした裁判で、岡田側と事務所側が8月31日、東京地裁で和解したことを、同社が発表した。

 岡田は18年にTBS系「中学聖日記」で芸能界デビュー。今年3月に契約解除の仮処分申請を求め、4月末には岡田自ら裁判所に出頭し事情を説明するなどしていた。

 発表によると、同社は「和解をもって円満に解決したことをご報告申し上げます。岡田健史は専属契約が同契約に定める契約終了日まで有効に存続することを同意しました。また、弊社及び岡田健史は同契約の更新がないことを了解いたしました」と説明。

 ​>>芸名も重かった? 泥沼化していた岡田健史の退社騒動、綾野剛と小栗旬が救いとなるか<<​​​

 当初の契約通り、2023年3月31日まで「岡田健史」名義で、同社の所属タレントとして活動するが、その後の契約を更新しないことを発表した。

 岡田はインスタグラムを更新し、《約一年半でスウィートパワーを退所しますが、残りの一年半は勿論のこと、これから長い人生を私らしく泥臭く、青臭く生きていきます。グラウンドに生える雑草のように》とつづった。

 わずか5か月での早期決着となり、泥沼の法廷闘争には発展しなかったが、芸能界の特殊な事情により、もともと、岡田に勝ち目はなかったというのだ。

 「裁判中、岡田は同社から与えられた現在の芸名を返上し、本名で活動すると主張したがそれも認められず。当初の争点は『岡田が労働者であるかどうか』だったが、そもそも、岡田と同社が結んでいたのはアーティスト契約で、労働基準法は適用外。芸能事務所とタレントの契約はほぼ100%この契約。もし、今回、裁判所が独立を認めてしまい判例として残ったら、芸能界のルールが崩れてしまっていた」(芸能記者) 

 とはいえ、こういうもめ事が起こった時点で、岡田と同社の間に信頼関係の回復は見込めない状態のはずだ。

 「残りの1年半、岡田がオファーを拒否し続けて、何もしないまま契約を終える可能性もありそうだ」(テレビ局関係者)

 岡田が残りの契約期間をどう過ごすかが注目される。