9月1日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、俳優の桐谷健太がゲスト出演を果たした。そこで、2021年4月にジャニーズ事務所を退所した、元TOKIOメンバーの長瀬智也の近況が明かされ、話題となっている。

 桐谷は『タイガー&ドラゴン』(TBS系)で共演するなど、長瀬と親交がある。番組では、長瀬の無茶振りを受けてラップを披露する場面も流された。

 番組では、松岡昌宏が「健ちゃんから貴重な情報聞きました。長瀬(智也)はすごい元気だそうです」と最新情報を披露。桐谷が「連絡は取られていない?」と他のメンバーに訊ねると、松岡は「この間だから、まだ4か月くらいだから」とコメント。TOKIOの3人は長瀬との連絡は取っていない様子だった。

 ​>>早くもテレビ復帰の可能性が浮上した長瀬智也 ジャニーズ弱体化で状況変化か<<​​​

 これには、ネット上で「(長瀬の)インスタ見てるから元気そうなのは何となくわかるけど、親友の桐谷健太さんから言われるのめっちゃありがたい」「ゲスト桐谷くんなら普通に長瀬くんの話してくれそうだなーとは思ってたけど、想像以上だったな…あーすごくうれしい」といった声が聞かれた。このほか、「やっぱりここに長瀬くんがいてほしいと思う」といった残念がる声も。

 さらに、この日の放送では、2002年に桐谷が出演した『ランチの女王』(同)の過去映像が流れる場面も。V6の森田剛との貴重な共演シーンも流された。これには、ネット上で「今見るとやっぱり2人ともすごく若いな」「まだ売れる前の桐谷健太が森田剛にボコられる役で出てたっていう、当時は気付けない情報まで知れて大満足」といった声が聞かれた。

 この作品は、2020年9月に亡くなった女優の竹内結子さんの主演作でもある。竹内さんの姿は映されなかったため、「やはり複雑な事情があるんだろうな」といった声がある一方、「この作品の名前を出してくれるだけで嬉しい」といった声も聞かれた。