元男性で、現在性別適合手術を受けて女性として暮らしているユーチューバーの青木歌音が、性別に対する理不尽な批判に反論してる。

 ユーチューブやSNSを通じ、自らの性別について発信している青木。騒動のきっかけになったのは、青木が8月6日に投稿した「【ド緊張】人生初…女子としてプールに入った様子を大公開!【元男の子】」というユーチューブ動画。動画の中では「元男の子の限界を試したい」と言い、許可を取った上で、旅館に備えつけられているプールに女性として入る様子を公開していた。

 ​>>トランス女性のユーチューバー、女装家が女子トイレ使用しても「通報されない」と勧め物議<<​​​

 この動画をきっかけに、一部ネット上では、青木が戸籍上ではまだ男性であることが指摘され、女性としてプールや女子トイレを使用することが問題視される事態に。青木のSNSに理不尽な批判の声が寄せられることになった。

 批判を受け青木は5日にツイッターを更新し、「大勢の拗らせたフェミニストみたいな人達から、性転換手術済みの私に対して女子トイレ入るな!言われても私は見た目が女性にしか見えないので色々言われても困ります」と批判に対し反論。「プライベート女友達と旅行の時も全然問題なく一緒に女子トイレ入ったり風呂に入ってるので、これからも女子トイレ入るね」と宣言していた。

 この一連の騒動に対し、ネット上からは「女性なんだから女性トイレに入って何が悪いのか全く分からない」「性転換している時点で女性だと思う」「オペ済みならなんの問題も無いと思う」という擁護や同情の声が多く寄せられていた。

 一方、ツイートには、青木が戸籍を変更しないことに対する攻撃の声も集まってしまっていた。

 是非を巡り、まだ波紋は広がりそうだ。

記事内の引用について
青木歌音公式ユーチューブチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCp1p09xUo_lTQONF73ptnBg
青木歌音公式ツイッターより https://twitter.com/memory_kanon