人気ユーチューバーのヒカルが化粧品事業「ReZARD beauty」を発表し、基礎化粧品を発売したものの、その成分を巡りネット上で一時騒動となった。

 問題となっているのは、ヒカルが18日にアップした「皆さんにご報告があります」という動画で発売を発表した基礎化粧品。「いいものを安く届ける」をコンセプトに作った化粧品だといい、洗顔・化粧水・美容液または、クレンジング・化粧水・乳液のいずれかの3点セットで、価格は1万1770円とのこと。

 ​>>「ヒカキンのチャンネル登録解除して」呼びかけたユーチューバーが炎上 発言意図を説明も「大きなお世話」の声<<​​​

 広告宣伝をヒカルのユーチューブで担うため、ほかの広告費を掛ける必要がなく、その分商品の価格が下げることができるという。ヒカルは「普通に広告費かけて売るなら(単品で)1万円で売ってもおかしくないっていうレベル感」と話していた。

 しかし、動画アップ後、ネット上では公式サイト上にアップされていたその化粧品の「全成分表示」が物議に。特に美容液については、成分が「水/ジメチコン/グリセリン/プロパンジオール/(C13-15)アルカン」となっており、ネット上からは「美容液要素が全然見当たらない」「シンプルすぎる」「自信満々だったのに成分中途半端にしか出さないって印象悪い」「化粧品で成分表記ちゃんとしないって怖くて買えない」といった苦言が集まってしまっていた。

 これについて、ヒカルは翌19日に「お騒がせしている件について」という動画をアップし、成分表記について言及。「こちら側のミスなんで」として、その時点でホームページに掲載されていた成分表記は修正したことを告白。それに伴い、キャンセルも受け付けると発表した。

 一部ネット上からは「詐欺」の指摘も出ていたが、それについてはきっぱりと否定したヒカル。成分表も騒動に発展してからすぐに対応したこともあり、ネット上からは「対応の早さがすごい!」「対応がめちゃくちゃ迅速」「意見をすぐ汲み取って反映させるのさすが」という称賛が寄せられていた。

 しかし、当初省略した成分表を載せていた理由までは説明されなかったことから、ネット上では「ミスで済む問題?」「アレルギーとかもあるのに」「何考えてあの成分表載せたのか分からない」「信用なくした」「誰かに言われなきゃそのままスルーしてたんじゃない?」といった厳しい声は寄せられている。

 ヒカルによると、化粧品は発売から1日で2万セット売り上げたとのこと。いずれにせよ、ファンには好評のようだ。

記事内の引用について
ヒカル公式ユーチューブチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCaminwG9MTO4sLYeC3s6udA