歌謡コーラスグループ・純烈のリーダーの酒井一圭が、過去出演したイベントでセクハラ発言をしていたとして物議を醸している。

 問題となっているのは、8月15日に和歌山県和歌山市で行われた『百獣戦隊ガオレンジャー』20周年記念イベント「ガオフェス」での一幕。酒井は『ガオレンジャー』に「ガオブラック」として出演していた。

 ​>>谷原章介、純烈リーダー脅迫へのコメントが物議「偏見レベル」「見下してないか」ファンからも不快感<<​​​

 イベント後、酒井は自身のツイッターで出演を報告するとともに、舞台中の一幕を収めた動画をアップ。酒井と「ガオホワイト」の掛け合いが収められた動画になっていたが、その中で酒井はガオホワイトを誘導するように遠くを指差し、ガオホワイトがその方向を向いた瞬間、お尻をひと撫で。ツイートには「ガオホワイトの尻」というハッシュタグが記されていた。

 動画がアップされた当初も苦言が寄せられていたものの、ここ数日、ネット上でこの動画が再注目される事態に。ツイートのリプライ欄にはこの言動に対し、「セクハラではなく犯罪行為」「時代遅れの笑い」「性犯罪ですよ」「子どものイベントで痴漢ってモラルどうなってるの?」「犯罪を笑いにするのはやめて」といった批判の声が殺到。ツイートの削除を求める声も多数集まっている。

 「動画がこのタイミングで問題視されるきっかけとなったのは、おそらくグループのファンの女による、酒井への脅迫事件。女は酒井によるメンバーへの“イジリ”が許せなかったことでしたが、これにより過去の酒井の言動に改めて注目が集まった結果、この動画が再拡散されたようです」(芸能ライター)

 脅迫事件には多くの同情の声が集まっているものの、9月21日昼現在、酒井は当該動画に言及したり削除はしないまま。果たして、対応することはあるのだろうか――。

記事内の引用について
酒井一圭公式ツイッターより https://twitter.com/sakai_kazuyoshi