いまだに猛威を振るい続ける新型コロナウイルス。発生から1年以上経っても収束する気配はなく、自身の仕事に影響があったという人も少なくないだろう。しかし、中にはこの最大のピンチをチャンスに変えて成功する人たちもいる。それはエンタメ界も例外ではない。今回は、コロナ禍をきっかけにブレイクした芸人たちを紹介したい。

 『有吉の壁』(日本テレビ系)出演で、注目を浴びているもう中学生(以下・もう中)。昨年、彼は芸人引退を考えていた。しかし、それを踏みとどまらせたのは、麒麟・川島明と有吉弘行だ。世の中がコロナ禍となった時期、劇場では無観客生配信が盛んに行われるようになった。出番のあったもう中は、そこで客がいないと成立しないコール&レスポンスが必要なネタを披露。ネットで話題となった。

 ​>>吉本のアイドル吉本坂、元ジャニーズJr.のメンバーも NEWSのバックダンサーも担当<<​​​

 川島が、そのVTRを『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の中で紹介すると、さらに話題に。もう中は、地元に帰ろうと断捨離していた時期だったが、周囲の反応も大きく、引退を踏みとどまった。また同時期、有吉が、もう中のInstagramの配信に参加、さらに、自身のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系列)でゲストに呼び、『有吉の壁』出演にも繋がった。2人のおかげで現在のブレイクに至ったのだ。

 コロナ禍となって、芸人がYouTubeチャンネルを開設することも増えてきた。そこで多くのファンを獲得するケースも少なくない。狂言風漫才でおなじみのすゑひろがりず(南條庄助、三島達矢)は『M-1グランプリ2019』で8位となったが、今いちブレイクには至らず。しかし、思わぬところで人気者になった。YouTubeだ。動画で『あつまれ どうぶつの森』(Nintendo Switch)のゲーム実況をすると大バズり。男性だけではなく、女性のファンを獲得。今や、DVD、書籍、デジタルシングル発売をするなど、アイドル的人気を誇っている。

 「YouTubeのゲーム実況は、今や芸人界でもヒットコンテンツ。中でも、狩野英孝はコロナ禍のゲーム実況で成功した1人と言えるでしょう。1人のプレイヤーが殺人鬼を、4人のプレイヤーがサバイバー(生存者)を操作するPlayStation4ほかでプレイできるソフト『Dead by Daylight』をプレイ中、誤作動が起きてしまい、『勝手に斧振らないで!』と連呼した狩野。この様子に視聴者は大爆笑しました。そのほかのソフトでも迷言やハプニングを起こすなどして、一躍ネット界でも人気者に。今や、ゲーム関連の仕事も急増しています」(芸能ライター)

 落ち込むことが多いコロナだが、自らが動いたことによって、いい方向に向いた芸人たちもいたようだ。