かつては毎年、大みそかのNHK紅白歌合戦で豪華衣装対決を繰り広げていた歌手の小林幸子と美川憲一だが、ともに紅白から遠ざかっているが、たくましく生き残っている。

 小林幸子は20日、横浜アリーナで開催された「K-1 WORLD GP 2021 JAPAN〜よこはまつり〜」でスペシャルラウンドガールを務めた。

 人気曲「千本桜」が流れる中、リングに登場。ニーハイブーツとミニスカのド派手衣装で観客を魅了し、「選手の皆さん、勇気と希望と幸せを差し上げてください!頑張ってください!」とシャウトした。

 ​>>小林幸子、“干され”のどん底から一転! 新しい豪邸をゲットした復活劇の裏側<<​​​

 各メディアによると、囲み取材では「短い時間だったけど、そばで拝見させてもらって楽しかった」と興奮気味。衣装はこの日のために約1か月半かけて制作したそうだが、「水着(姿)にはなれないので、これくらいまでで」と笑顔を見せという。

 くしくも同日、美川は都内で行われたフリマアプリ「メルカリ」の「敬老の日『60歳からのメルカリセット』お披露目イベント」に出席。

 各メディアによると、イベントでは初のメルカリに挑戦。15年ほど前にパリで30万円で買ったバッグを3万円で出品すると、たった5分で落札が。「まぁ簡単じゃない。どんどんお裾分けするわよ、メルカリで。クセになりそう!」と楽しんだというのだ。

 「2人の衣装対決は紅白の目玉で、それなりに視聴率を獲得していたが、全体的に歌手の若返りが進められたこともあって、2人にはお呼びがかからなくなってしまった。とはいえ、そんな2人は戦略を大転換したことで、若者にもその存在が知れ渡ることになった」(芸能記者)

 小林は所属事務所からの独立騒動やレコード会社との契約解除で苦境に立たされていたが、「ニコニコ動画」に積極的に登場することでネット上での人気が急上昇した。

 一方、美川は6月にYouTubeを開設しYouTuberデビュー。登録者は間もなく3万人に達する。
頭の中が柔軟な2人は、時流に乗ることでたくましく生き残っている。