ユーチューバーグループ・コムドットが25日にアップした動画に、ネット上からドン引きの声が集まっている。

 地元のコンビニの駐車場で夜な夜な騒ぎ、騒音トラブルを起こしていたことが週刊誌に報じられていたコムドット。報道後、10日以上動画投稿を自粛していたものの、24日から活動を再開している。

 ​>>提訴報道のユーチューバー、「登録者1万人くらいの時の話」と反論?「反省ゼロ」「許されることじゃない」の声も<<​​​

 そんなコムドットが25日にアップしたのは、「【ご報告】今までありがとう。」という動画。サムネイルは、メンバーが揃って真剣な顔をして写っているというもので、画像下には「お世話になりました」という文字が記されていた。

 しかし、動画の内容は、コムドットの事務所兼リーダー・やまとの自宅が手狭となり、ほかに移ることを報告するもの。メンバー全員でお祝いのケーキを食べ、思い出を語り合うというものになっていた。

 活動自粛以降、2本目となるこの動画にネット上からは「炎上直後に釣りか…」「再生数稼ごうとしてるのが見え見え」「タイトルもサムネも釣りで寒い」「このタイミングで解散匂わせて再生数稼ぐって姑息」「ダサい」といった厳しい声が噴出する事態に。また、動画のコメント欄には、コムドットにも動画にも関係のないコメントが多く寄せられて、荒れている状態になっている。

 「コムドットと言えば、今年に入ってから不祥事を連発。3月に他のユーチューバー含め10人ほどと飲み会を行い、6月にもユーチューバーの大規模飲み会に参加。また、“仕事”と称し感染状況が厳しい沖縄にも旅行しています。そのたびに反省文を出すものの、同じことを繰り返していたこともあり、今回のコンビニ騒動でも多くの呆れ声を集めることに。今や迷惑系ユーチューバーと同じ程度の嫌われ具合となっており、今回の批判を集めたようです」(芸能ライター)

 毎回全く意識が変らないコムドット。今後も同じことが繰り返されるかもしれない――。

記事内の引用について
コムドット公式ユーチューブチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCRxPrFmRHsXGWfAyE6oqrPQ